ハイローオーストラリア

給与をビットコインで?ハイローオーストラリア(Highlow.com)の資金を得る方法を大解説!

ハイローオーストラリア(Highlow.com)で取引をしていくためには資金が必要です。ハイローオーストラリアのバイナリーオプション取引では投入した資金にペイアウト率をかけた金額を手にすることができるため、資金がたくさんあるほど有利になります。

ハイローオーストラリアの資金を得るには働いて給与を得ることが必要でしょう。世界的に見ると給与の受け取り方にはバラエティーが生まれてきています。

こんなオレ

話題のビットコインで給与を受け取ることもできる時代になっています!

ただ、日本ではまだビットコインでの支払いができるケースは少ないので、ビットコインで給与を受け取れたとしてもメリットがあまり大きくないかもしれません。

しかし、世界的には給与をビットコインで受け取るトレンドが生まれてきました。この記事ではこのトレンドを考慮してハイローオーストラリアの資金を得る方法を解説します。
[official]

アメリカでは給与をビットコインで受け取る傾向

ビットコインで給与を受け取るのは、法定通貨として認めたエルサルバドルでも標準的にはなっていません。

エルサルバドルでは米ドルとビットコインを両方とも法定通貨としているためです。

今まで米ドルで給与を受け取っていた人がビットコインに切り替えようと思うケースも多くはなく、企業としてもビットコインでの給与支払いが難しい場合も多々あります。

ただ、コインベースではアメリカ向けのサービスとして給与振込でビットコインを選べるサービスを提供し始めました。この影響もあってアメリカではビットコインで給与を手に入れるケースが増えてきています。

給与振込がビットコインで実現!コインベースの新機能でハイローオーストラリア(Highlow.com)も使いやすくなる!この記事ではハイローオーストラリアのトレーダーにとって、ビットコインで給与振込が可能になるメリットを解説します。何が起こるのかを予測して、ハイローオーストラリアで利益を上げつつ、使いやすくしていきましょう。...

ビットコインの今後の動きはまだ不透明な部分もありますが、10万ドルに達するという意見もあります。ビットコインで給与を受け取って増やすという考え方は妥当とも言えるでしょう。

ビットコインが10万ドルに到達する?予想の根拠と展望からハイローオーストラリア(Highlow.com)で投資をしようハイローオーストラリア(Highlow.com)のビットコイン取引でも相場の行方を知るのは重要です。この記事ではビットコインが10万ドルに到達するほどの成長が起こると言われている背景と理由を解説します。...

まずはビットコインによる給与の受領が広まってきているアメリカでの動きを見ておきましょう。

マイアミ市長が公務員初の給与支払いを受けると宣言

米マイアミ市のフランシス・スアレス市長
米マイアミ市のフランシス・スアレス市長

コインベースのサービスを利用するかどうかにかかわらず、給与をビットコインで受け取りたいという人はアメリカでかなり多くなってきています。

こんなオレ

期待の仮想通貨なので、ビットコインで受け取って増やしたいと思うのは当然とも言えますね!

ただ、民間企業では給与振込をビットコインでおこなえる体制を整えているケースがありますが、公務員となると難しいのが実態です。しかし、マイアミ市長がTwitterで以下のようにツイートして話題になっています。

“I’m going to take my next paycheck 100% in bitcoin…problem solved! @Sarasti can you help?”

平たく言えば、次の給与を全額ビットコインで受け取るつもりだと言っています。

マイアミ市長のフランシス・スアレスはフロリダ州を仮想通貨やビットコインの主要拠点にすることを目指している人物としてアメリカでは有名です。

テキサス州でも同じようにビットコインの主軸を担う動きが強まっていますが、このような考え方はアメリカでは少なくありません。

テキサスがビットコインのリーダーに?ハイローオーストラリア(Highlow.com)も順風満帆!この記事ではテキサスでのビットコインリーダーを目指す動向について詳細に説明し、ハイローオーストラリアに追い風が吹いていることを解説します。ぜひこの機会にハイローオーストラリアの口座開設をして今後の資産形成に生かしてください。...

フランシス・スアレス市長は2021年10月12日に市の議員に出す給与としてビットコインを選べるようにすることを目指すとコメントしています。以前にも市民がビットコインで水道や電気、税金などをビットコインで支払えるようにしたいと言っていました。

2021年2月の時点でビットコインによって市議員の給与の一部または全額をビットコインで支払えるようにするシステムの構築を業者に委託できる決議がなされています。

この動きを実現に導くために、マイアミ市長の自らビットコインで全額の給与を受け取るツイートをしたのです。これはビットコイン支持派として知られている投資家のアンソニー・ポンプリアーノの「アメリカの政治家で給与をビットコインで受け取る初めての人は誰になるのか」というツイートを受けての発言でもあります。

アンソニー・ポンプリアーノ

マイアミ市長によるツイートでメンションされているSarastiとはマイアミ市のCIO(最高情報戦略責任者)を務めているマイケル・サラスティです。

マイケル・サラスティはビットコインによる給与の支給試験をしていて、自分自身で受け取れたことを確認していました。

その事実を知った上での市長のツイートだったのでしょう。

なお、マイアミ市で取り入れているのはコインベースのサービスではありません。Strike社の提供する送金アプリです。エルサルバドルでも重要な役割を果たしている企業で、今回のビットコインによる給与振込でも一役買ったことがわかります。

NFLの選手も給与をビットコインで受け取る

アーロン・ロジャース選手
アーロン・ロジャース選手

アメリカでは給料をビットコインで受け取る事例が増えているのは事実です。マイアミ市長のツイートに先立って、ナショナルフットボールリーグ(NFL)のグリーンベイパーカーズの選手であるアーロン・ロジャースのコメントも話題になりました。

アーロン・ロジャース選手はSNSに動画を投稿して自分の給与の一部をビットコインで受取、ファンに提供することをアナウンスしています。

アーロン・ロジャースはSquareの子会社として仮想通貨関連サービスを充実させつつあるCash Appと提携しました。

マイアミ市長のケースと同じで、送金アプリを利用して給与の一部をビットコインにすることを宣言しています。

こんなオレ

NFLはアメリカ全土にファンがいるので大きなインパクトがあります!

特にファンに対して総額100万ドル相当のビットコインをプレゼントするキャンペーンを実施する発表の影響は大きいでしょう。アメリカでのビットコインの利用がさらに促進されると考えられます。

[official]

日本でも給与をビットコインで受け取れる

アメリカではビットコインによる給与の支払いがだんだんと取り入れられてきていますが、日本ではまだ無理だと思う人も多いでしょう。確かにほとんどの会社ではビットコインによる給与の支払いには対応していません。

日本では給与支払いについて日本円を使うのが原則になっているので、給与をそのままビットコインで出すことはできないのです。

しかし、日本でも給与を一部ならビットコインで受け取れる企業もあります。どのような仕組みなのかを簡単に知っておきましょう。

GMOインターネットグループで導入したのが最初

GMOインターネットグループで導入したのが最初

日本ではGMOインターネットグループが導入したのがビットコイン給与の最初だと言われています。2017年の時点でビットコインを給与の一部として受け取れる仕組みを取り入れていました。

仕組みとしては給与の1万円から10万円を使って、その時点のレートでビットコインを買えるという形です。社員は申し込みをしておくと、給与からビットコイン購入分の金額が天引きされ、購入したビットコインがGMOコイン上で付与されます。

ネットワークに関わる多角的な事業を展開していて、暗号資産交換業者としても認められているGMOだからこそできる給与支給のサービスです。

GMOインターネットグループとして本格的にビットコインの利用を促すために取り入れられたと言えるでしょう。

税金問題には注意しよう

税金問題には注意しよう

GMOインターネットグループによるビットコインでの給与支払いは他社でも導入されるのではないかという意見もありました。しかし、仮想通貨の取得や運用についての税制が整えられていなかった日本ではあまりにもリスクが高いという見解も出されています。

日本では企業で働いていると確定申告をしていないケースが多く、あまり税制について詳しくない人が多いのが実情です。ビットコインによって「億り人」になった人も、税金で失敗をして苦しい生活を余儀なくされているケースがあります。

億り人が税金を滞納?!仮想通貨からハイローオーストラリアに乗り換えよう!この記事では仮想通貨投資に潜む税金の問題を取り上げました。リスクを取らないためにもハイローオーストラリアに乗り換えるのがおすすめなので、ぜひ最後までご覧ください。...

ビットコインによって給与を得て利益を生み出した場合には雑所得になります。つまり、ビットコインウォレットを作ってビットコインと買ったのと同じで、運用利益が生まれたときには確定申告をして納税する必要が生じるのです。

サラリーマンとして働いているときには雑所得の合計が20万円以下の場合には確定申告をしなくても問題はありません。

しかし、ビットコインは年間20万円を超える利益を生み出す可能性があるので税金問題には注意が必要です。

ハイローオーストラリアの資金の手に入れ方

ハイローオーストラリアの資金を手に入れるときには給与を受け取るのが基本です。ただ、この記事で紹介してきたようにどの通貨で受け取るかが問題になる時代になっています。

ハイローオーストラリアの資金を手に入れるにはどの通貨を選んだら良いのでしょうか。

日本円で給与を受け取るのが基本

日本円で給与を受け取るのが基本

日本の企業で働いている場合には日本円でしか受け取れない場合が多いでしょう。GMOインターネットグループは例外的にビットコインでも給与を受け取れるだけです。

ハイローオーストラリアの資金を手に入れるには日本円で給与を受け取るのが安全です。

税金問題に悩まされてしまわないためには、ビットコインで受け取って複雑にしない方が良いでしょう。

ただ、ハイローオーストラリアで取引をして利益を得ると雑所得になります。ハイローオーストラリアで20万円を超える利益を出したら確定申告派必要です。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)で税金が?確定申告の必要条件と節税のコツハイローオーストラリアで稼いだときには税金が発生します。他の所得も加味して控除額を超えてしまったら確定申告をして所得税と住民税を納めましょう。必要経費を計上して節税することも可能なので取引にも節税にも力を注いで利益を最大化していきましょう。...

ビットコインで給与を受け取った場合には合わせて考えなければならないので複雑化することは否めません。

間違えてしまわないためにも日本円で給与を受け取るようにした方が良いでしょう。

海外企業で働いているならビットコインが良い

海外企業で働いているならビットコインが良い

ハイローオーストラリアで取引する資金を給与によって手に入れるときに、ビットコインを選んだ方が良いケースもあります。

ハイローオーストラリアでは入金のときに選べる通貨が日本円とビットコインだけです。

海外企業で働いているときには、支給される給料として日本円を選べないことがあります。その場合には現地の通貨で受け取るよりも、ビットコインで受け取る方が無駄は少ないでしょう。

ビットコインで受け取ることでハイローオーストラリアには直接入金できまが、他国の通貨で受け取ってしまうと日本円かビットコインに交換しなければなりません。

通貨の交換のときには手数料がかかってしまいます。

税金の問題はありますが、ビットコインで受け取った方が資金を減らさずに済むでしょう。

こんなオレ

給与の一部をビットコインにできるなら、ハイローオーストラリアで使う分だけビットコインにするのがおすすめです!

まとめ

アメリカではビットコインで給与を受け取る動きが強まっています。マイアミ市では市長自らビットコインで給与の全額を受け取ることをツイートしました。NFLの有名選手も給与の一部をビットコインで受け取り、ファンに配布するキャンペーンを実施すると宣言しています。

日本でもGMOインターネットグループが2017年時点で給与の一部をビットコインにできる仕組みを整えていました。ハイローオーストラリアの資金はビットコインでも入金できるので、給与をビットコインで受け取っても良いでしょう。

ただ、税金との兼ね合いがあるため、日本円で受け取っておいた方が簡単です。

今後、日本でビットコインについての税金の仕組みが変わったら、給与はビットコインで受け取った方が良くなる可能性もあります。税制の変化については十分に注意しておきましょう。

こんなオレ

現状としては日本円で受け取るのがベストです!

ハイローオーストラリアの資金は日本円の給与で手に入れて取引をしていきましょう。

ハイローオーストラリア公式

[official]

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。