仮想通貨

イーサリアムから引き揚げ!?仮想通貨の関連性を知ってハイローオーストラリア(Highlow.com)に活用しよう!

2021年4月から6月の四半期の間にビットコインの相場が大きく揺れ動いたのはニュースでも話題になりました。暗号通貨(仮想通貨)の規制の進行や仮想通貨ETFの上場問題など、仮想通貨を巡る様々な課題が浮上したからです。

2021年4月から6月の四半期の間のビットコイン相場
2021年4月から6月の四半期の間のビットコイン相場

さらに、イーロン・マスクによるビットコイン騒動や、テスラ重鎮のジェローム・ギレンによるストックオプションの行使と退職などの影響も受けて激動の時期になりました。

イーロンマスクに翻弄されるビットコイン!ハイローオーストラリア(Highlow.com)での不安と対策は?ビットコインは2021年に入ってからイーロンマスクに翻弄される状況が続いています。他の影響もあるのは確かですが、たった一人の人物を見るだけでファンダメンタルズ分析の効果が出るのは魅力的でしょう。ハイローオーストラリアのビットコインを活用するなら、ファンダメンタルズ分析の重要性を認識してマスクとテスラを追うのが肝心です。...

ハイローオーストラリア(Highlow.com)でもビットコインでの取引が拡張されて、15分取引やターボ取引もできるようになった時期です。イーサリアムもターボ取引が解禁されてまさに仮想通貨から目が離せない四半期でした。

【必見】ビットコインがハイローオーストラリア(Highlow.com)で魅力上昇中ビットコインはハイローオーストラリアで15分取引と1時間取引に対応している仮想通貨です。安定資産として注目されていて流通量も増加しているため、ビットコイン市場は活発になっています。ハイローオーストラリアで取引をする絶好のチャンスになっているので、今まで躊躇していた人もビットコイン取引に挑戦してみましょう。...

2021年4月から6月の四半期の終わりになり、コインシェアーズが運用するイーサリアムファンドからの資金引き揚げが話題に上っています。

ビットコインほどにはニュースにならないイーサリアムですが、仮想通貨の中では第二位の価格を誇る重要な通貨の一つです。

ビットコインとイーサリアムでターボ取引!ハイローオーストラリア(Highlow.com)ではどちらを選ぶべき?ターボ取引はハイローオーストラリアでペイアウト率が高くて時間もかからないというメリットがあります。ビットコインとイーサリアムもハイローオーストラリアでは使えるのでどちらを選ぶかで迷いがちですが、取引手法の得手不得手によって適切な方を選ぶのが重要になります。仮想通貨に興味がある人は自分に合っている原資産を選びましょう。...

ビットコインの動向はよく知っている人でも、イーサリアムとの関連性について詳しくわかっていないことは多いでしょう。

ハイローオーストラリアではビットコインとイーサリアムを両刀使いできると有利です。

この記事ではイーサリアムファンドからの資金引き揚げと、この四半期のビットコイン・イーサリアムの価格の推移を考察します。重要な関係性を知り、ハイローオーストラリアでうまく両者を運用できるようになりましょう。

イーサリアムファンドからの5000万ドル引き揚げ

暗号資産(仮想通貨)を代表とするデジタル資産の総合運用会社として世界的に知られるコインシェアーズ(CoinShares)の発表するレポートは世界市場に大きな影響を与えます。

4半期の終わりにあたる6月28日に発表されたレポートでは、仮想通貨ファンドからの資金引き揚げが6月25日までの1週間で4400万ドルにも上ったことを示しました。

こんなオレ

投資家がビットコインやイーサリアム以外の投資先を求めていることが推察できますね。

特に激動を起こしたのがイーサリアムです。イーサリアムファンドでは資金引き揚げの総額が5000万ドルに上り、ファンド運用を始めてから最大の引き揚げ額を記録しています。

イーサリアムファンドとは?

イーサリアムファンド

ここまでイーサリアムとイーサリアムファンドについて話題にしてきましたが、この二つの区別がよくわからない人もいるでしょう。

イーサリアムファンドとはイーサリアムを対象とした投資信託のことです。

投資家は仮想通貨取引所を使ってイーサリアムを直接売買して取引することもできます。イーサリアムを買って保有し、価格が上がったら売ると利益になります。

売買利益

ずっと資産として保有することも、スキャルピング取引やデイトレードによって稼ぐことも可能です。

ただ、売買による利益を得ようとすると投資家は常にイーサリアムの相場を見て売買のタイミングを見計らわなければなりません。その運用を任せられるのがイーサリアムファンドです。

こんなオレ

お金だけだして運用はプロに任せるってやつですね。

このファンドではコインシェアーズが運用会社として売買を行っています。多くの投資家から集めた資金を様々な戦略で運用することで利益を生み出し、その大半を投資家に分配しています。

イーサリアムファンドのざっくりとした仕事フロー

イーサリアムファンドは運用の手間がかからず、イーサリアムの相場が上がる状況なら試算も増えやすいのが特徴です。

ただし、信託報酬を運用会社に支払うので手数料負担分も稼がなければならないデメリットがあります。ハイローオーストラリアのように手数料無料で取引できるわけではない点には留意しておきましょう。

こんなオレ

ハイローオーストラリアでは10万円の出金依頼を出せば、10万円そのまま振り込まれます!

仮想通貨への不安によって資金を逃がしている

イーサリアムファンドから資金を引き揚げた投資家は、その資金をどこに投入したのでしょうか。

仮想通貨投資に対する不安から資金を逃がそうとしているのが全体的な傾向です。

仮想通貨ファンド全体でも4400万ドルもの引き揚げがあったことを考えると、自国の通貨や他国の通貨にしたり、株式や株ファンド、債券や債券ファンドにしたり、バイナリーオプションやFXなどで運用したりしている投資家が多いとわかります。

5月の中旬頃からネガティブなセンチメントが広がったため、コインシェアーズの純流出額は運用資産全体の0.8%に相当する3億1300万ドルになっています。

仮想通貨投資に対する不安から相場も下降
仮想通貨投資に対する不安から相場も下降

6月後半にはアメリカの規制当局でビットコイン上場投資信託の承認を先送りするなど、仮想通貨取引の先行きを不安にさせるような規制ができる可能性が示唆されています。

ビットコイン相場がテスラの動きによって暴落したこともあり、仮想通貨資産の保有に懸念を抱く投資家が資産を逃がしているのが現状なのです。

バーゼル銀行監督委員会でビットコイン規制案!ハイローオーストラリア(Highlow.com)に転向しよう!ビットコイン投資は世界的に注目されているものの、バーゼル銀行監督委員会の規制案によって暗雲が立ち込めてきました。そこでビットコインに関する知識や経験を生かしてハイローオーストラリアでバイナリーオプションに転向するのがおすすめです。ハイローオーストラリアならどのような局面でも相場の動きを予測するだけで利益を生み出せます。...

マルチアセットファンドに一部は流入

コインシェアーズによるとイーサリアムファンドの一部はマルチアセットファンドに流入していると説明しています。

マルチアセットファンドは複数の資産を取り扱っているファンドです。

イーサリアムファンドはシングルアセットと呼ばれ、イーサリアムそのものか、イーサリアムに関連するものしか対象にしません。

シングルアセットとマルチアセット
シングルアセットとマルチアセット

マルチアセットの場合には複数の資産に分散投資をするため、投資リスクが低減される特徴があります。コインシェアーズの取り扱うマルチアセットファンドは複数の仮想通貨を対象としているのが一般的です。

イーサリアムに単独で投資をするよりも、イーサリアムクラシックのような派生仮想通貨、ビットコインやライトコインなどのビットコイン系列の仮想通貨や、リップルやカルダノ、ドッジコインなどにも資産を分散させた方が安心な市場状況だという考え方も広まっていることが示唆されています。

こんなオレ

リスク分散はしっかりと考えなければいけまんよね。

ただ、コインシェアーズでは5月中旬以降に引き揚げられた資金総額は3億1300万ドルに到達しています。

この四半期の後半には仮想通貨から逃げようという市場心理が強く働いていたことは明らかでしょう。マルチアセットファンドに流入したのもわずか600万ドルなので、全体としては資金を引き揚げようという傾向なのです。

こんなオレ

現段階で仮想通貨投資はリスクが大きいと自分は見ています。

ビットコインとイーサリアムの価格推移

イーサリアムファンドからの引き揚げはイーサリアムが下がる、相場が読みづらくなるというの予測によって行われるのが一般的です。

ビットコインは急落を起こしたことがよく知られていますが、イーサリアムはどうなのでしょうか。両者の価格推移を比較して、関係性を探ってみましょう。

5月上旬からの動向

イーサリアムは5月13日の時点で45万円程度の高い相場になっていました。しかし、5月24には約23万円、そして6月27日には20万円を割っています。

5月からのイーサリアムの動向
5月からのイーサリアムの動向

ビットコインも同じ時期に相場が下落していました。

5月9日には650万円ほどありましたが、5月24日には370万円くらいまで下がっています。さらに6月22日には350万円を割り、最高値の頃の半分程度の価格になっているのが現状です。

5月からのビットコインの動向
5月からのビットコインの動向

この結果を見るとイーサリアムとビットコインの価格推移には相関があると解釈できます。

5月中旬に起こったビットコインの急落によってイーサリアムの下落が引き起こされたと理解されています。

イーサリアムとビットコインの価格推移の相関関係
イーサリアムとビットコインの価格推移の相関関係

5月12日にビットコインは半減期を迎え、マイナーの収入に大きな影響が出ることから相場が大きく動くことは予想されていました。

その同日にテスラが保有していたビットコインを売却したことを示唆するイーロン・マスクのツイートがあり、市場を大きく動揺させてビットコインの下落が進んだと考えられるのです。

その影響を受けて他の暗号資産も安全な資産ではないという不安が生じ、下落するリスクを考えてイーサリアムも売られたと解釈するとイーサリアムの下落が少し遅れた点も理解できるでしょう。

4月から5月上旬までの動向

ビットコインは4月14日の時点で700万円近く、最高値を記録していました。しかし、4月26日には540万円を割っていて、バブルの崩壊が起こったとニュースでもコメントされています。

しかし、この間にイーサリアムの価格は上昇しています。23万円から25万円ほどに少しずつ増加し、その後にはビットコインと違ってイーサリアムは価格が上がり続けていました。

イーサリアムとビットコインの4月から5月上旬までの動向
イーサリアムとビットコインの4月から5月上旬までの動向

史上最高値を付けたビットコインは「売り時」だったのは言うまでもありません。

絶好のタイミングと考えてビットコインを売る投資家が殺到し、相場下落の動きを見て慌てて売った投資家が相次いだのが相場下落の一因でしょう。

その資産の逃げ先として、仮想通貨市場の二番手に当たるイーサリアムがしばしば選ばれて価格が上がったと解釈できます。

ハイローオーストラリアで仮想通貨の関係性を使おう

2021年4月から6月の四半期は仮想通貨の激動期だったこともあり、仮想通貨間の関係性がよく理解できたのではないでしょうか。

ハイローオーストラリアで使いやすいビットコインとイーサリアムに着目して紹介しましたが、結論としては以下の2点が一般的に通用します。

・仮想通貨規制による不安の影響は全てに及ぶ

・特定の仮想通貨での動揺は他の仮想通貨を上げる

仮想通貨規制によって価格が下がるのではないか、流通に問題が生じるのではないかという不安が生じると、どの仮想通貨からも投資家が逃げていきます。アメリカにおける仮想通貨ETFの上場見送りのような規制の兆しはビットコインとイーサリアムの両方の価格を下げるのです。

アメリカにおける仮想通貨ETFの上場見送り時の価格変動
アメリカにおける仮想通貨ETFの上場見送り時の価格変動

一方、ビットコインが史上最高値になったというように、特定の仮想通貨における大きな変化はその仮想通貨の価格を動かします。多くの場合には動揺によって売る傾向が生まれますが、仮想通貨全体に対する不安が生まれるわけではありません。

売った仮想通貨の引き揚げ先として他の仮想通貨が選ばれ、価格が上がる傾向が生まれます。このような仮想通貨の関係性をハイローオーストラリアで使いこなすと成功につながります。

仮想通貨の関係性に基づいてどのように取引をしたら良いのでしょうか。

規制発表時にはターボ取引

ハイローオーストラリアではターボ取引をビットコインとイーサリアムの両方に使えるので、タイミングを見つけて最大限に活用するのがおすすめです。

仮想通貨規制に関連する報道があったときには市場に動揺が走り、どの仮想通貨も下がる傾向が生まれます。ビットコインとイーサリアムでターボ取引をするのにうってつけのタイミングです。

タイミングを見つけて最大限にターボ取引を活用
タイミングを見つけて最大限にターボ取引を活用

下降トレンドが生まれやすいので、トレンドの発生や持続をインジケーターで確認しながらターボ取引で着々と稼ぎましょう。

移動平均線を使ってトレンドの強さを見るのが無難な方法です。ゴールデンクロスやデッドクロスが発生したら、長期~短期の移動平均線を使ってトレンドを読んでいきましょう。

移動平均線を使ってハイローオーストラリア(Highlow.com)でトレードしよう移動平均線は自分で設定した一定期間の価格を平均化して表示するインジケーターです。多くのトレーダーがハイローオーストラリアで標準設定の移動平均線を使ってテクニカル分析をしています。視覚的にわかりやすくて応用性もあるので、インジケーターを使うテクニカル分析を始めるときにはまず移動平均線のマスターを目指しましょう。...

要人発言には1日取引

ハイローオーストラリアではビットコインとイーサリアムだけでなく、ライトコインも使えます。1日取引はどの通貨でも選べるので、1日取引の活用機会も狙うのが大切です。

     
ビットコイン イーサリアム ライトコイン
15分取引
1時間取引
1日取引
ターボ取引
15分取引
ビットコイン
イーサリアム
ライトコイン
1時間取引
ビットコイン
イーサリアム
ライトコイン
1日取引
ビットコイン
イーサリアム
ライトコイン
ターボ取引
ビットコイン
イーサリアム
ライトコイン

イーロン・マスクのツイートのような要人発言では特定の仮想通貨が大きく動きます。動く方向性がわかりやすいのは要人発言の魅力ですが、始まるタイミングがいつかがわかりません。

投資家が様子見をしていてなかなかトレンドが発生しない傾向があります。そのため、1日取引で翌日までには価格が動くと考えるのが合理的です。

1日後には要人発言による影響がニュースやSNSでも話題になるので、もし仮想通貨全体に影響を及ぼすようなら翌日からはターボ取引を始めましょう。

ビットコインとイーサリアムでリスクヘッジ

ハイローオーストラリアではビットコインとイーサリアムのどちらを使ったら良いかで迷う人もいるでしょう。

どちらか一方に特化する方が良いという考え方もありますが、仮想通貨の関係性を考えると両方同時に使うのが最も良い方法です。

ビットコインとイーサリアムを同時に使うとリスクヘッジになります。ビットコインから逃げてイーサリアムにする、イーサリアムに不安があるからビットコインにするという投資家の動きがよく起こるからです。

こんなオレ

仮想通貨投資と違って、いくらになるかが重要ではなく、値段があがるのか下がるのかを予想することが重要です!

仮想通貨規制のときを除くと、この二つの通貨は相補関係にあります。そのため、相場の動きが逆方向に向く傾向があり、両方とも使うと取引をしやすいのです。

安定して稼げるようになりたいなら、ハイローオーストラリアでは両方とも活用していきましょう。

まとめ

イーサリアムファンドから投資家が大きく資産を引き揚げ、仮想通貨全体からも資産を逃がす傾向があります。

ハイローオーストラリアでは仮想通貨を保有するわけではないので、投資家による仮想通貨の売買で価格が上下しても問題はありません。

ただ、ハイローオーストラリアのバイナリーオプションでも大きな相場の変動があるときには取引の成功率を上げられます。ニュースを見て大きな相場の動きを予測すると、ビットコインやイーサリアムを攻略できるでしょう。

イーサリアムとビットコインは互いに関連性があります。仮想通貨規制の話題がでてきたときや、要人発言があったときには取引時間を適切に選んで取引するのがおすすめです。

ハイローオーストラリア公式
ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。