ハイローオーストラリア

未成年がビットコインで犯罪に手を染めた!?ハイローオーストラリア(Highlow.com)との付き合い方を再考しよう!

若いうちから投資をする考え方が日本でも広まり、ハイローオーストラリア(Highlow.com)のユーザーも着実に増加してきました。ハイローオーストラリアはバイナリーオプション業者の中でも人気が高く、海外業者でシンプルな取引をしたい人から大きな支持を得ています。

近年のハイライトとしてビットコイン取引が改善され、ターボ取引ができるようになったことが挙げられます。世界の注目の的になっているビットコインでバイナリーオプション取引をしていけば、世の中の動きにも敏感になれるので一石二鳥でしょう。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の仮想通貨に再変更!ビットコインなどの通貨ペアと取引時間の詳細はこちらハイローオーストラリアでは仮想通貨関連のルールを変更しました。ビットコインとイーサリアムの二つに候補が絞り込まれ、取引方法もターボ取引と1時間取引だけになっています。自分が得意な戦略を見つけ出して仮想通貨を攻略していきましょう。...

未成年のうちから投資をするのは日本では難しい状況があります。ただ、海外では未成年でも投資を始められるケースが多く、近年では急激な成長をしているビットコインへの投資を未成年の人が考えることも多くなりました。

世界的にはバイナリーオプションが規制される傾向が強く、日本のようにバイナリーオプションをすることができません。

ビットコインに注目するのももっともなことでしょう。ハイローオーストラリアも日本を撤退するのではないかと疑われたことすらあります。

【2021年最新版】ハイローオーストラリア(Highlow.com)の日本撤退の噂と事実を網羅的に調査・検証ハイローオーストラリアが撤退すると言う噂は2013年頃から出てきましたが、今も根強く存在しています。2021年現在もサービスの向上に努めていて、撤退はあくまで噂レベルであると言えます。...

このような情勢の中で、イギリスの未成年の人が犯罪に手を染めてビットコインに投資していたことがBBCによって報道されました。この詳細をよく理解して、未成年の人が投資とどうやって付き合っていくべきかを、本人の立場からも親の立場からも考えましょう。

ビットコイン関連の未成年の犯罪が発生

ビットコインに関連する犯罪は多数メディアで取り上げられています。ハッカーによるサイバー攻撃が主流ですが、ビットコイン詐欺も多数報道されてきました。

サイバー攻撃が仮想通貨でも恐怖の時代!ハイローオーストラリア(Highlow.com)ならビットコインを生かす安心な投資が可能!仮想通貨はネットワーク上で管理されているので、サイバー攻撃を受けると流出するリスクがあります。サイバー攻撃を考えて投資をするならハイローオーストラリアがおすすめです!仮想通貨の投資をしたい人もハイローオーストラリアなら安心して投資できます。...

ここで紹介するのは未成年の人が犯罪に手を染めたというBBCの報道です。どのようにビットコインと関連しているのかを細かく見ていきましょう。

イギリスで発生した未成年の犯罪

イギリスで発生した未成年の犯罪

ビットコインに関連する未成年の犯罪はイギリスで発生しました。

詐欺の概要

イギリスに在住の17歳の少年が2020年の4月からギフトカード関連のウェブサイトを立ちあげて偽のサービスを行って詐欺を働いたのです。

この少年のデジタルマーケティングスキルは高く、ウェブサイトを立ち上げ、Google広告を活用すると速やかに検索上位を獲得しました。そして大勢の消費者が少年のサイトを利用し、個人情報を入力して利用したのです。

結果として、少年は多数のクレジットカード情報やPayPalの口座番号を手に入れました。

こんなオレ

その情報を駆使して6500ポンド、日本円にして100万円程度を盗み取ったのです。

個人情報の取得はウェブ系の詐欺では典型的なもので、警察などもかなり慎重に監視をしています。未成年だからこそその認識が甘かったとは言えますが、未成年の少年が1年以上もの期間、巧妙に犯罪をやってのけたのでイギリスでは大きな注目を浴びました。

ビットコインを買うのが動機

ビットコインを買うのが動機

偽のギフトカード関連サイトを運営した少年の動機は何だったのでしょうか。ここでようやく登場するのがビットコインです。

少年はウェブサイトの運営によって獲得した12000件以上のクレジットカード情報と197件のPayPalの口座番号から手に入れた6500ポンドをビットコインにしていました。

単純な発想ですが、悪用によって獲得したお金は全てビットコインにして45BTCを獲得したのです。

2020年から次々にビットコインに交換していったため、ビットコインの暴騰が起こる前からビットコインを保有していました。

日本円にすると盗み取ったのは102万円程度ですが、そのお金から獲得したビットコインの価値は2021年10月のビットコイン相場の高騰時点で3億円程度になっています。

仮に100万円の原資があったとしたら300倍の3億円を手に入れていたことになります。未成年では必死にアルバイトをしたとしても100万円も獲得するのは困難でしょう。

こんなオレ

何とかしてビットコインの上昇トレンドを活かしたいと考え、犯罪に手を染めたと推察されます。

未成年の人が学ぶべきこと

未成年の人が学ぶべきこと

未成年の人は同じように犯罪をすれば莫大なお金を手に入れられると考えてはなりません。結局、1年ほどの犯罪を続けた少年はイギリスの警察に逮捕されてしまいました。サイバー犯罪に対しては、海外だけでなく日本でもかなり強化してきています。詐欺サイトの運営によってお金を手に入れられそうだと思っても、決して手を出してはなりません。

ハイローオーストラリアにも詐欺サイトがあることが知られています。

公式サイトにアクセスできず、口座開設を断念してしまう人もいます。また、ハイローオーストラリアやバイナリーオプションに関連する詐欺も多発しているので注意が必要です。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の公式サイトの見分け方は?偽サイトや偽物のアプリを回避して本物のサイトで口座開設をする方法を徹底解説!ハイローオーストラリアの公式サイトや公式アプリの見分け方は意外と簡単です。きちんと公式サイトに見慣れていれば偽サイトに惑わされることはありません。本サイトではハイローオーストラリアの公式サイトに直接リンクを張っています。ぜひご活用ください。...
仮想通貨で詐欺や犯罪が急増!ハイローオーストラリア(Highlow.com)の仮想通貨バイナリーなら安心!仮想通貨は稼げるというイメージが広がった影響を受けて、詐欺や犯罪が横行しています。しかし、ハイローオーストラリアの仮想通貨バイナリーは仮想通貨の価値相場の変動を利用する取引です。出金も簡単で安全性が高い仕組みになっているので、仮想通貨投資に興味を持っているならハイローオーストラリアで仮想通貨バイナリーを始めましょう。...

なお、ハイローオーストラリア公式サイトにアクセスするときには当サイトのリンクを利用するのがおすすめです。口座開設もすぐにできるのでぜひご活用ください。

日本でのビットコイン投資は未成年ではできない

日本でのビットコイン投資は未成年ではできない

ビットコイン投資は日本でも着目されていて、未成年の人も興味を持っていることが多いでしょう。ただ、日本では未成年の人はビットコイン投資ができません。そもそも投資ができない状況があるため、諦めざるを得ないのが実情です。

日本でビットコイン投資をするには暗号資産(仮想通貨)交換業者としての認可がある業者の口座が必要になります。しかし、日本では未成年の人はまだ自分で正しい判断ができる年齢ではないと見なされるため、口座を開設することができません。

暗号資産交換業者に限らず、投資に利用できる証券会社でも日本の金融庁の定めるルールに従って未成年の場合には口座開設を断っています。

つまり、日本では未成年の人は金融資産を使って投資ができないのです。

ビットコイン投資では国内業者だけでなく海外業者も利用することが可能です。しかし、多くの海外業者では日本向けのサービスを提供するときに日本の金融庁に登録しています。そのため、海外の暗号資産交換業者を利用してビットコイン投資をする場合にも未成年では困難なのです。

海外では義務教育のカリキュラムに金融教育が取り入れられていることが多くなっています。

犯罪が起きたイギリスでも例外ではなく、アメリカなどの欧米の先進国では金融教育の実施が標準的になっているのが現状です。

そのため、未成年でも口座を持てるケースが多くなり、小学生のうちから投資を始めているケースも増えています。

日本ではまだこのような教育体制が整えられていません。

こんなオレ

当面は未成年の人がビットコイン投資をすることはできないと考えた方が良いでしょう。

ハイローオーストラリアは未成年ではできない場合が多い

ハイローオーストラリアでは公式サイトにアクセスすることさえできれば利用するのは簡単です。口座開設手続きは運転免許証かパスポートがあれば数分で終えることができます。

https://www.andscene.jp/account-opening-quick-guide-welcome-to-highlow-australia.html

ただ、ハイローオーストラリアでは未成年の人の場合には利用できない可能性があります。未成年の人の利用については以下で詳しくまとめているので、ここでは概略だけ紹介します。

未成年でもハイローオーストラリア(Highlow.com)はできる?何から始めるべき?ハイローオーストラリアでは未成年の人でも18歳以上なら口座開設をして取引できます。未成年の定義は日本では2022年4月1日の民法改正で20歳未満から18歳未満に引き下げられるので利用しやすくなる可能性があります。18歳になったら経験を問わずに利用開始できるハイローオーストラリアがうってつけです。...

18歳以上なら口座開設ができる

18歳以上なら口座開設ができる

日本では未成年は20歳未満で、20歳以上になると成人として認められます。ただ、海外では18歳がボーダーラインになっているのが標準的です。海外バイナリーオプション業者のハイローオーストラリアでも18歳を基準にしています。

未成年でも18歳以上ならハイローオーストラリアで口座開設をして取引を始めることが可能です。

日本の証券会社では20歳になるまで口座開設ができないので、2年早く投資を始められます。

18歳未満は口座開設ができない

18歳未満は口座開設ができない

ハイローオーストラリアでは18歳未満の未成年の人は口座開設ができません。

ハイローオーストラリアの定めている口座契約条件ではっきりと書かれているので、18歳になるまではハイローオーストラリアを使うのは諦めましょう。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の契約条件は?法的書類の所在と内容をご紹介!ハイローオーストラリアの契約条件が見当たらないから危険ではないかという噂がありますが、新規口座開設のページから参照できるので決して危険な業者ということはありません。内容も金融ライセンスを持っている会社に準じているので安心して契約を締結できるでしょう。ただ契約条件については確認してから口座開設をするのがおすすめです。...

ただ、ハイローオーストラリアでは身分についての条件は定めていません。日本では18歳になっても高校生では利用できないサービスもたくさんあります。ハイローオーストラリアは身分を重視していないので、高校生でも18歳になったら利用を始めることができます。

他人名義の口座の利用は禁止されている

他人名義の口座の利用は禁止されている

未成年の人がもっと早くハイローオーストラリアで取引を始めたいと思うこともあるでしょう。

こんなオレ

ここで紹介したイギリスの未成年の少年はまだ17歳でした。

ハイローオーストラリアでも口座開設ができない状況なので、すぐに取引をしたいと思ってもできずに悩むことになったでしょう。この状況を打開するには他人名義の口座を利用したら良いのではないかと思う人もいるかもしれません。

ハイローオーストラリアでは本人以外が口座を利用することを禁止しています。例えば、両親や兄姉に口座を開設してもらって使うのは違反行為なのです。

禁止行為が行われているとわかった場合には、ハイローオーストラリアでは口座凍結をして調査をしています。口座凍結になると取引も出金もできなくなり、再度口座を開くこともできなくなるので決してやってはなりません。

出金拒否や口座凍結になるのはなぜ?ハイローオーストラリア(Highlow.com)の否定論の理由と解決策ハイローオーストラリアは出金拒否や口座凍結になるからやめた方が良いという口コミがあるのは事実です。ただ、実は出金拒否や口座凍結になるのははっきりとした理由があります。実は簡単に回避できるので、この記事を通して解決策を押さえておきましょう。...

デモ取引は未成年でも問題なし

デモ取引は未成年でも問題なし

未成年で18歳未満の人はハイローオーストラリアを利用できないわけではありません。ハイローオーストラリアはデモ取引のサービスを提供しているので活用してみましょう。

ハイローオーストラリアのデモ取引は登録不要で利用可能です。

国内業者ではメールアドレスなどの登録が必要になることが多いですが、ハイローオーストラリアでは公式サイトにアクセスして「クイックデモ」を選ぶだけで取引体験ができます。

ハイローオーストラリアのデモ取引「クイックデモ」の特徴と始め方ハイローオーストラリアでは登録してログインする必要もなく気軽にデモトレードを利用できます。ハイローオーストラリアでの取引に慣れるのに最適です。中級者以上もデモ取引しているので上手に活用していきましょう。ただしデモ取引では利益は得られません。...

デモ取引はあくまでデモ資金を使って取り組めるシミュレーションです。ハイローオーストラリアのデモ取引を通していかに稼いだとしても、出金して現金にすることはできません。

ただ、未成年のうちにバイナリーオプション取引を経験し、ハイローオーストラリアで稼ぐノウハウを身につければ18歳になった時点でスムーズに稼げるでしょう。

[demo]

家族での協力も考えてみよう

家族での協力も考えてみよう

未成年の人がハイローオーストラリアで稼ぎたいなら家族での協力を検討するのも大切です。未成年の人が自分で口座を持つことはできませんが、両親や兄姉なら口座を開設できるでしょう。

自分がアドバイザーとなって、家族に取引をしてもらうのはハイローオーストラリアの規約違反にはなりません。

こんなオレ

実際に取引をしているのは口座開設をした本人だからです!

デモ取引を通して勝てる方法を身につけて、家族に協力してもらうのは何歳からでもできる投資のしかたです。協力してくれた家族もバイナリーオプションのノウハウが身に付くのでお互いにメリットが生まれます。

未成年で18歳未満の人がすぐに投資を始めたいなら家族に相談するのがおすすめです。

犯罪に手を染めようとせずに、まずは家族の協力を得ることを考えましょう。

まとめ

ビットコインに関連してイギリスでは未成年の犯罪が起こりました。ビットコインに着目して投資をしたいと思っても、まとまった原資を手に入れることができないのが未成年の人にとってつらい点です。

ビットコインがまさに伸びようとしているタイミングだったので、チャンスを逃したくないという気持ちもあって少年が犯罪に手を染めたのだと考えられます。

しかし、犯罪は発覚してしまい、取り締まりや処罰を受けることになります。未成年の人は犯罪に手を染めてビットコイン投資をするよりも、ハイローオーストラリアを活用するのがおすすめです。

ハイローオーストラリアでも18歳以上でないと口座を持つことはできませんが、デモ取引を通して経験を積むことはできます。

デモ取引でノウハウを手に入れ、家族に取引のアドバイスをすることは問題ありません。家族は生計を一にしているので、今後の支援を受けることもできるでしょう。早めに投資を始めたいならハイローオーストラリアは優れている選択肢です。

こんなオレ

家族と相談して、口座を開設して取引をしていきましょう!

ハイローオーストラリア公式

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。