仮想通貨

日本の大手仮想通貨取引所のリキッドにハッカーが!100億円以上の損失から読み解くハイローオーストラリア(Highlow.com)を選ぶべき理由

仮想通貨(暗号資産)ならハイローオーストラリア

仮想通貨(暗号資産)の世界的なブームの中で、仮想通貨ウォレットを持つべきかハイローオーストラリア(Highlow.com)でバイナリーオプション取引をすべきかは重大な問題です。

仮想通貨取引もハイローオーストラリアのバイナリーオプション取引も同時に進められるくらいの資金と時間があれば理想的でしょう。

こんなオレ

しかし、実際には少額の資金を使って多額の資産を形成したいという人が多いはずです...

仮想通貨ウォレットが簡単に利用できるようになって日本でもビットコインを代表とする仮想通貨を資産として持つ人が増えてきました。ただ、仮想通貨ウォレットを使ってビットコイン取引をするよりも、ハイローオーストラリアでバイナリーオプション取引をした方が安心ではないかというニュースが報道されています

この記事では日本の大手仮想通貨取引所として有名なリキッドに起きた災難な事件を紹介します。

100億円以上もの被害があったことがTwitterで報告された2021年8月19日のハッカーによるサイバー攻撃の事件を読み解いていきましょう。

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

仮想通貨取引所(暗号資産交換業者)のリキッドに起きたハッカー攻撃

仮想通貨取引所では仮想通貨ウォレットと仮想通貨取引のサービスをしているのが一般的です。

リキッドに起きたハッカー攻撃は仮想通貨の売買や交換に関連するサービスのセキュリティに関して日本や世界に大きな衝撃を与えました。

まずはリキッドへのハッカー攻撃がどのようなものだったのかを見ていきましょう。ここではリキッドの概要についても簡単に説明します。

リキッドとは

リキッドとは

リキッドは日本でビットコインの取引が注目されるようになり、国による仮想通貨の規制や管理がおこなわれるようになった2017年から日本での仮想通貨取引サービスを充実してきた大手です。

暗号資産交換業者として金融庁に登録をしたのは国内初で、マネーパートナーズやbitFlyer、GMOコインやフォビジャパンなどと有名業者と同時に登録を済ませています。

金融庁への登録当時はQUOINEX/コインエクスチェンジという名称でサービスを提供していましたが、現在ではLiquid by Quoineに名称を変えてリキッドと呼ばれて親しまれています

リキッドへのハッカー攻撃は日本に衝撃的

リキッドへのハッカー攻撃は日本に衝撃的

2021年8月19日にリキッドはツイッターで仮想通貨の流出が起きたことを公表しました。原因はリキッドの運営している仮想通貨ウォレットへのサイバー攻撃で、ハッカーによる不正アクセスを検出したと報告しています。

リキッドは日本だけでなく世界100カ国で仮想通貨ウォレット及び仮想通貨取引のサービスを展開しています。取引量では世界で20位以内に入ると言われている仮想通貨取引所なので、ポリ・ネットワークで起きたハッカー攻撃による660億円相当の流出と同じくらいの衝撃があった事件です。

サイバー攻撃が仮想通貨でも恐怖の時代!ハイローオーストラリア(Highlow.com)ならビットコインを生かす安心な投資が可能!仮想通貨はネットワーク上で管理されているので、サイバー攻撃を受けると流出するリスクがあります。サイバー攻撃を考えて投資をするならハイローオーストラリアがおすすめです!仮想通貨の投資をしたい人もハイローオーストラリアなら安心して投資できます。...

ポリ・ネットワークの一件では日本の仮想通貨ウォレットに影響があまり大きくはありませんでした。しかし、リキッドは日本市場が広く、多くの仮想通貨トレーダーがリキッドの仮想通貨ウォレットを保有しています。そのため、仮想通貨ウォレットの安全性について日本で大きな衝撃が走る事件になりました。

リキッドへのハッキング攻撃による仮想通貨の不正流出はビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨だけでなく、かなり幅広い範囲に広がっています。

こんなオレ

ただ、ビットコインとイーサリアムはもともと流通量が多い影響で被害総額としては甚大だと推察されています...

ハイローオーストラリアはバイナリーオプション業者なので、仮想通貨ウォレットへのサイバー攻撃の影響を受けることはありません。ビットコインとイーサリアムの取り扱いがあるハイローオーストラリアでも、特にこのような事件を受けてサービスを停止するようなことはありませんでした。

全く別の取引方法なので、ハイローオーストラリアとしては安全性を確保しながらサービスを提供できると判断したのでしょう。

暗号資産ウォレット(仮想通貨ウォレット)とは

リキッドへのハッカー攻撃の事件を聞いても、ハイローオーストラリアは安全で仮想通貨取引は不穏な空気が漂っていることがイメージできない人もいるでしょう。

ここでは仮想通貨やハイローオーストラリアの初心者のために、リキッドが襲撃を受けた暗号資産ウォレット(仮想通貨ウォレット)について簡単に解説します。

仮想通貨ウォレットは仮想通貨の管理口座

仮想通貨ウォレットは仮想通貨の管理口座

仮想通貨ウォレットはビットコインなどの仮想通貨を管理するための口座です。日本円を管理するときには銀行や信用金庫などの金融機関で口座開設をして管理するでしょう。運用したいときにはその金融機関で定期預金や投資信託などをおこないます。

ハイローオーストラリアも日本円を基本としている金融業者です。口座開設をすると日本円またはビットコインで入金が可能で、安全な金融機関で管理してくれます。口座にある資金はハイローオーストラリアのバイナリーオプション取引で利用できるのが特徴で、必要に応じて出金して日本円に戻すことも可能です

Highlow.com(ハイローオーストラリア)の入金方法・手数料・反映時間を解説
Highlow.com(ハイローオーストラリア)の入金方法・手数料・反映時間を解説ハイローオーストラリアの入金では三種類の入金方法を選ぶことができ、銀行振込、クレジットカード決済、ビットコイン入金があります。入金手数料は基本無料で、一部の入金方法が自己負担することになります。入金反映時間に差があるので注意してください。...
ハイローオーストラリアの出金方法・手数料・反映時間を解説
ハイローオーストラリア(Highlow.com)の出金方法・手数料・反映時間を解説ハイローオーストラリアではログインして振込先の銀行口座を登録すればいつでも簡単に手数料無料で出金手続きができます。必要なタイミングに出金対応をしてもらえるように手続きをしましょう。出金をするための条件があるのでよく確認してください。...

仮想通貨ウォレットでは日本円や米ドルのような法定通貨ではなく、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を管理できます。日本円などのように紙幣や貨幣がなく、ブロックチェーン上でデジタルデータとして存在するのが仮想通貨の特徴です。

どの種類の仮想通貨を誰がいくら保有しているのかを管理するのが仮想通貨ウォレットの役割です。仮想通貨取引所のウォレットでは取引も可能で、他の仮想通貨と交換できます。日本円と米ドルの交換などの外貨取引をするのと同じようなものだと考えられるでしょう。

ホットウォレットとコールドウォレット

ホットウォレットとコールドウォレット

仮想通貨ウォレットが法定通貨の口座と大きく異なるのは管理の仕方の多様性があることです。
仮想通貨ウォレットは大別するとホットウォレットとコールドウォレットに分類できます。

ホットウォレットとコールドウォレットの違いは資産情報や取引情報などがインターネットに接続されているかどうかです。

ホットウォレットはインターネットにつながっているので迅速な取引ができます。コールドウォレットはインターネットから遮断されているので取引に時間や労力がかかりますが、ハッカー攻撃などからは完全に隔離されます。

ホットウォレットインターネットにつながっているので迅速な取引ができます。

コールドウォレットインターネットから遮断されているので取引に時間や労力がかかりますが、ハッカー攻撃などからは完全に隔離されます。

仮想通貨取引所ではホットウォレットを運用することで、ユーザーが簡単にパソコンやスマホからウォレットにアクセスして取引できるようにしています。

そのため、ハッカーによる襲撃を受けるリスクが高く、サイバー攻撃で仮想通貨が不正流出してしまわないように十分な対策を立てなければなりません。

リキッドは決してセキュリティ対策は不十分ではない

リキッドは決してセキュリティ対策は不十分ではない

リキッド(Liquid by Quoine)がハッカー攻撃を受けて多額の仮想通貨を流出させることになったのはセキュリティ対策が不十分だったからなのではないかと思う人もいるでしょう。

こんなオレ

結論としてはセキュリティ対策を整えているのは紛れもない事実です!

金融庁に登録するためにはセキュリティとユーザビリティについて日本が認めるかなり高い水準のインフラを整えなければなりません。要求が厳しいので、オーストラリアで金融ライセンスを持っていたハイローオーストラリアでも金融庁登録をためらっている状況があるほどです。

その基準を速やかにクリアし、大手のGMOやマネーパートナーズなどと並んで最初に登録を達成したのがリキッドです。

その後もセキュリティ対策に努めてきているので世界で認められる基準に達しています。

コールドウォレットは導入済み

コールドウォレットは導入済み

リキッドではホットウォレットをユーザーが利用できるように仮想通貨ウォレットのシステムを設計しています。しかし、顧客資産をホットウォレットに保管せずにコールドウォレットで管理する体制を整えています。

ハッキングの危険性があることを考慮して、ユーザーの資産については100%をコールドウォレットに移行していると明示していました。

ただ、リキッドの自己資産については管理方法が示されていません。ユーザーがウォレットで取引をするのに必要な仮想通貨はインターネットでアクセスできる場所に確保しなければならないため、その分の仮想通貨がハッカー攻撃を受けたと考えられるでしょう。

2段階認証やクーリングピリオドもある

2段階認証やクーリングピリオドもある

リキッドの仮想通貨ウォレットのセキュリティ対策は当然ながらアカウントセキュリティにも及んでいます。

ユーザーのアカウントがハッカーに乗っ取られてしまわないように2段階認証を導入しています。さらにクーリングピリオドを設定していて、パスワードのリセットなどを実施するとメールアドレスの変更や2段階認証の解除が一時的にできなくなります。

クーリングピリオドの間は出金できないのも特徴で、アカウントがハッカーに乗っ取られたとしてもすぐに対策を講じれば仮想通貨が流出しません。

SSL通信やマルチ・シグネチャも実装済み

SSL通信やマルチ・シグネチャも実装済み

今や需要な情報通信では当然となってきているSSL通信もリキッドでは導入しています。ブロックチェーンを利用する仮想通貨ではセキュリティ対策として重要なマルチ・シグネチャも実装し、複数の承認がなければ取引が認められません。

他にもリキッドではIPアドレスの管理をするなど、不正防止に多角的に力を注いでいます。顧客本位の資産保護をするためにリキッドではバックアップ体制や監視体制も強化している優良企業です。

こんなオレ

それでもハッカー攻撃によってセキュリティを突破され、多額の仮想通貨が流出することになったのは衝撃的な事件でしょう...

仮想通貨(暗号資産)ならハイローオーストラリア

仮想通貨(暗号資産)ならハイローオーストラリア

世界水準のセキュリティ対策をしているリキッドでも仮想通貨ウォレットの安全性が疑われる状況があります。

ビットコインなどの仮想通貨は今後の資産形成ではとても重要な位置を占めるのは確かです。しかし、仮想通貨ウォレットを保有して資産管理をしながら運用をするのは現状としてリスクが高いことがわかったのではないでしょうか。

ハイローオーストラリアなら仮想通貨ウォレットのリスクを受けずにビットコインやイーサリアムによる取引ができます。

今後の資産運用で仮想通貨(暗号資産)の活用を考えるならハイローオーストラリアを利用しましょう。ここではハイローオーストラリアを選ぶメリットを紹介します。

ハイローオーストラリアなら仮想通貨ウォレットが不要

ハイローオーストラリアなら仮想通貨ウォレットが不要

ハイローオーストラリアでは仮想通貨ウォレットを持たなくても資産運用ができます。

バイナリーオプション取引はビットコインやイーサリアムの相場の動きを指標にして、上がるか下がるかを予測する金融商取引です。仮想通貨を保有する必要はないので、仮想通貨ウォレットを作る必要がありません。

ハイローオーストラリアならルールもわかりやすいので投資の初心者でも気軽に始められます。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)のやり方は簡単!初心者もわかる取引の方法を解説してみたハイローオーストラリアのやり方はとても簡単です。また、やり方が簡単なだけでなく、ペイアウト率が高くて稼ぎやすいことからハイローオーストラリアは人気があります。この記事ではハイローオーストラリアのやり方を解説するので参考にしてください。...

ハイローオーストラリアでは仮想通貨の相場が上がっても下がっても稼げる

ハイローオーストラリアでは仮想通貨の相場が上がっても下がっても稼げる

ハイローオーストラリアのバイナリーオプション取引なら仮想通貨が動いていれば稼げます。

仮想通貨は今後値上がりしていくのが期待できますが、規制強化によって相場が急落するリスクもあります。中国での規制強化などの影響を受けてビットコインが暴落したこともありました。

こんなオレ

それでもハイローオーストラリアなら資産形成を続けられるのがメリットです。

ビットコインのハッシュレートが急落!ハイローオーストラリア(Highlow.com)の戦略への影響を徹底紹介!ハイローオーストラリアではビットコイン利用が可能になりビットコイン関連ニュースに注意する必要が生まれています。ビットコインのハッシュレートが急落したのは中国におけるビットコインのマイニング規制が主な原因と考えられています。状況に応じて適切な戦略を選びハイローオーストラリアのビットコインを上手に使いこなしていきましょう。...

ハイローオーストラリアはペイアウト率が高くて短期取引もできる

ハイローオーストラリアはペイアウト率が高くて短期取引もできる

ハイローオーストラリアは他のバイナリーオプション業者に比べて短時間で効率よく稼げます。

ターボ取引なら30秒や1分で取引が終了し、ペイアウト率も2倍近いので効率が高いのは明らかでしょう。

ビットコインとイーサリアムはターボ取引に対応しているので、資産形成を迅速に進められます。

ハイローオーストラリアのターボ(Turbo)取引を攻略しよう!ハイローオーストラリアのターボ(Turbo)取引は高ペイアウト率で短時間の取引ができるので上手に活用すれば効率的に稼げます。ターボ取引で稼げるようになるために、それぞれに特化している勝率の高いエントリー条件を見出せるようになりましょう!...
ビットコインとイーサリアムでターボ取引!ハイローオーストラリア(Highlow.com)ではどちらを選ぶべき?ターボ取引はハイローオーストラリアでペイアウト率が高くて時間もかからないというメリットがあります。ビットコインとイーサリアムもハイローオーストラリアでは使えるのでどちらを選ぶかで迷いがちですが、取引手法の得手不得手によって適切な方を選ぶのが重要になります。仮想通貨に興味がある人は自分に合っている原資産を選びましょう。...

まとめ

日本でも大手でセキュリティ対策を徹底している仮想通貨取引所のリキッドがハッカーによる攻撃を受けて多額の仮想通貨を流出させたのは衝撃的です。仮想通貨ウォレットでビットコインなどの仮想通貨で取引をするのはリスクが高く、ハッカー攻撃によって一気に資産を失ってしまうリスクもあります

仮想通貨取引所が倒産しない限りは大丈夫だと思うかもしれませんが、2014年には仮想通貨取引所のマウントゴックスがビットコインの流出によって経営破綻を起こしました。同じことが他の仮想通貨取引所へのサイバー攻撃によって起こる可能性も否定はできません。

ハイローオーストラリアなら仮想通貨を保有することなく、ビットコインやイーサリアムの相場の大きな動きを生かして資産形成ができます。

今後、仮想通貨の相場がどのように動いたとしても、ターボ取引で迅速な資産形成ができるのはハイローオーストラリアの魅力です。安心できる資産運用をするためにも、ハイローオーストラリアで口座開設をして利用していきましょう。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)口座開設方法
【スマホ対応】ハイローオーストラリアのスムーズな口座開設方法を解説ハイローオーストラリアは口座開設がスマホでもわずか5分で完了するようになりました。新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。ハイローオーストラリアは概してユーザーを大切にするサービスで日本人にもっとも人気があります。...
ハイローオーストラリア公式

公式サイトで口座開設(無料)をする
¥5,000のキャッシュバック

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。