ハイローオーストラリア

ビットコインよりも日本円ステーブルコインのJPYC?それよりもハイローオーストラリア(Highlow.com)にしよう!

ハイローオーストラリア(Highlow.com)は海外バイナリーオプション業者として日本でシェアが広く、ビットコインやイーサリアムも利用できます。ペイアウト率が業界トップなので人気がありますが、ステーブルコインには対応していません。

仮想通貨(暗号資産)ではビットコインが圧倒的に人気です。ビットコインの時価総額は他の仮想通貨を完全に凌駕していて、億り人も生み出しています。

億り人が税金を滞納?!仮想通貨からハイローオーストラリアに乗り換えよう!この記事では仮想通貨投資に潜む税金の問題を取り上げました。リスクを取らないためにもハイローオーストラリアに乗り換えるのがおすすめなので、ぜひ最後までご覧ください。...

もともとステーブルコインはバイナリーオプション取引には向いていないのも確かで、ハイローオーストラリアでも積極的ではないのが現状です。

こんなオレ

ただ、日本人にとって日本円ステーブルコインのJPYCは魅力的ではないでしょうか。

この記事では近年話題になっている日本円ステーブルコインのJPYCを取り上げて動向を紹介します。ビットコインよりも良いのか、ハイローオーストラリアよりも魅力的なのかを解説するので、今後の投資方法について十分に検討してみてください。
[official]

日本円ステーブルコインのJPYCがLinks株式会社と提携

日本円ステーブルコインのJPYCは大きなシェアを取れることこそなかったものの、着実にユーザーを獲得してきています。ボラティリティが低く、日本円と連動するように価値が動く点が仮想通貨の初心者にとって魅力的だからでしょう。

ステーブルコインの規制強化!ビットコインで取引できるハイローオーストラリアへの影響は?この記事ではハイローオーストラリアとステーブルコインとの関係を深く読み解いていきます。ステーブルコインについて詳しく知らない方のために、概要と規制の動きも紹介するのでぜひ参考にしてください。...

ただ、JPYCを提供しているJPYC株式会社としては、もっと多くの投資家に着目されて価値を上げていかなければなりません。

そのための戦略としてJPYCはLinks株式会社と提携しました。

JPYC株式会社もLinks株式会社も東京都港区に本社を置いているので、提携によって相互成長を目指そうとしていると考えられます。どのような提携関係なのかを見ておきましょう。

Links株式会社は次世代SNSアプリを提供

Links株式会社は次世代SNSアプリを提供

Links株式会社は次世代アプリの「Links」という仮想通貨(暗号資産)ウォレットを提供している企業です。

コメントをすればビットコインが手に入る「ビットコメント」も手がけていて、ビットコインを主軸としたアプリサービスを積極的に展開しています。

6桁のPINコードだけでビットコインを管理できるシンプルな設計なのがLinksウォレットの特徴です。セキュリティを重視している設計のアプリなので、PINコードさえ適切に管理すれば安心して利用できます。

Linksは他社のウェブサービスとの連携に強く、各種ウェブサービスでビットコインを入手できます。

今後、ビットコインを利用する企業が増えることを見越していち早くシェアを取ることを目指して生み出されたサービスです。拡張性を考慮してトークンエコノミーの基盤となるLinksロボも搭載し、将来性の高いサービスとして整えられてきています。

JPYCとLinksの提携

JPYCとLinksの提携

Links株式会社ではビットコインを中心とするサービスを拡張して生きていましたが、JPYCとの事業提携によって大きな舵を取りました。

JPYCを利用できるサービスをLinksのアプリに実装する方向性を定めています。

10月初頭の発表ではまだLinksのアプリを使ってJPYCの管理ができるようになっただけですが、Vプリカギフト交換サービスやNFTサービスの共同開発も進めていきます。
JPYCとしてもLinksとしてもユーザーの獲得が大きな課題でした。

こんなオレ

仮想通貨の認知度がまだ低い日本で日本円ステーブルコインの普及を図るのは容易ではありません。

ビットコインウォレットでは海外企業を中心として日本でウォレットサービスを提供していることから、なかなか新規参入でユーザー数を確保することができないのが実情です。

両社が提携することでJPYCを活用しやすい純日本製の仮想通貨サービスが実現されます。国産にこだわる日本人にとって魅力があるサービスになり、シェアを獲得できる可能性があると考えられています。

ビットコインよりも日本円ステーブルコインか

仮想通貨投資は大きな資産形成になる可能性があることから注目されています。JPYCとLinksを使えば安心できる仮想通貨の運用ができますが、ビットコインよりも日本円ステーブルコインのJPYCが良いのでしょうか。

ボラティリティの高さではビットコインが圧倒

ボラティリティの高さではビットコインが圧倒

資産運用によって大きな利益を目指したいのであればボラティリティが高い資産を選ぶのが重要です。短期間で大きな値動きを起こす資産を手に入れて運用すれば、価格が上がったときには大きな利益が生まれます。ビットコインはわずか数日で数百万円単位での値動きを起こすこともあるボラティリティの高さを誇っているのが特徴です。

1ドルに満たなかった当初の価値からの長期的な伸びを考えても、ビットコインで運用する魅力は大きいでしょう。

ボラティリティの低さではJPYCが魅力

ボラティリティの低さではJPYCが魅力

JPYCはステーブルコインなのでビットコインのようなボラティリティはありません。

日本円と同じ価値を維持できるように仕組まれているのがJPYCの特徴です。

1円=1JPYCで、他国の通貨や仮想通貨などとの価値も変わらないのが理想となっています。

実際には法定通貨として運用されている日本円と、仮想通貨のJPYCには価値に違いが生じます。その微々たる差を狙って売買することにより利益を得ることも可能ですが、ビットコインのように大きな変動はほとんど起こりません。

ボラティリティの低さを重視して、日本円の代替資産を持ちたいのならJPYCが魅力的です。

仮に日本がなくなったとしてもJPYCは残るので、資産分散によるリスクヘッジのために持つのにも適しています。

目的に応じて選ぶのが適切

目的に応じて選ぶのが適切

ビットコインかJPYCかは目的に応じて選び、必要に応じて両方を適切なバランスで持つのが重要です。

積極的な運用によって利益を得るのにはビットコインが向いています。

しかし、ボラティリティが高いと利益を生み出しやすい反面、損失も生じやすい問題があります。

そのため、資産分散の目的でJPYCも保有して安全に確保すべき資産は守るという考え方も重要です。

リスク許容度や資産額によって適切なバランスには違いがあります。他の保有資産が秘めているリスクとの兼ね合いも考え、自分に合っている割合でビットコインとJPYCを運用していくのが大切です。

積極的な運用ならハイローオーストラリア

ビットコインよりももっと積極的な運用をしていきたいならハイローオーストラリアがおすすめです。JPYCのように日本円と同等の価値を持つ別の資産を手に入れることはできませんが、日本円の一部を口座に入れることでバイナリーオプションによる取引が可能です。

積極的な運用ならビットコインで十分と思うかもしれません。しかし、ハイローオーストラリアを選ぶべき理由があります。ここでは特に重要な三つの観点に絞って紹介するので、ハイローオーストラリアの口座開設を検討してみましょう。

口座開設クイックガイド~ようこそハイローオーストラリア(Highlow.com)へハイローオーストラリアの口座開設から利用開始までの流れはとてもシンプルです。口座開設後、入金を済ませればすぐ利用開始できます。このクイックガイドを見ながら進めていけばすぐに手続きを終えられるでしょう。この機会に手続きをしてみて下さい。...

ビットコインの利幅は減ってきているから

ビットコインの利幅は減ってきているから

ビットコインはボラティリティが高く、売買による利益を得やすいのは確かです。ただ、あまりにも相場が高くなってしまっているので、今から億万長者を目指すのは困難す。

当初、1ドル未満から600万ドル程度の高値にまで上昇したのがビットコインの特徴です。

600万倍にも資産を増やせたと考えると魅力に溢れています。ただ、現状では600万ドル近い相場になっていて、この段階から2倍、3倍に価値が伸びるかどうかは判断が難しいところです。10倍になることはイメージしづらいため、大きな資産形成につながる可能性はもう低くなっています。

こんなオレ

これからビットコインを買っても何倍にも資産を膨らませるのは簡単ではありません。

バイナリーオプションなら倍化できるから

バイナリーオプションなら倍化できるから

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションでは資産を倍化するのが比較的簡単です。ハイローオーストラリアでは世界的に見てもトップクラスのペイアウト率を誇っていて、1.75倍から2.30倍ものペイアウト率で固定されている業者は他にはありません。

こんなオレ

国内で利用可能な海外バイナリーオプション業者の中ではトップに君臨しています!

ペイアウト率が2倍のスプレッド取引なら、予想が当たれば資金が2倍になります。その資金をそのまま使って予想が当たると、さらに2倍になって4倍にできるでしょう。予想が外れると全額を失うことになるリスクはありますが、資金を全部使い切らないように気を付けていれば着実に資産を増やしていけます。

ハイローオーストラリアではビットコインと米ドルや日本円の通貨ペアを使って取引ができます。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)のビットコインは米ドルと円のどちらの通貨ペアが良いの?相場を比較してみた結果を徹底解説!米ドルと円のどちらの通貨ペアを選んだら良いのでしょうか。同じビットコインならどちらの通貨ペアを選んでもあまり変わらないと思っている人もいるかもしれません。この記事ではBTC/JPY、BTC/USDの相場を比較した結果を徹底解説します。...

他の法定通貨同士のペアなども利用して、予想が当たりやすいところを狙ってバイナリーオプション取引をすることが可能です。最初のうちは勝つのが難しいかもしれませんが、だんだんと勝率が上がっていってスムーズに資産を倍化させられるようになるでしょう。

ターボ取引を中心とする短期取引だから

ターボ取引を中心とする短期取引だから

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションは短期取引なので積極的な運用に向いています。ビットコインは一日待っていても相場が10%も動くことは滅多にありません。10万円を運用して仮に1%だけ相場が上がったとしても、利益は最大で1000円です。

しかし、ハイローオーストラリアのバイナリーオプションはターボ取引を中心とする短期取引です。

15分取引もよく利用されていますが、魅力的なのはペイアウト率が高くてすぐに取引が終わる30秒取引や1分取引です。

10万円を資金にハイローオーストラリアで取引を行った場合

全額を使って取引をすると失敗したときに全ての資金を失うことになるリスクを考慮して5000円で取引をしたとしましょう。そして、予想が当たり、ペイアウト率が1.85倍だったとしたら9250円のペイアウトを受け取れます。5000円を使ったので利益にすると4250円です。

こんなオレ

たった1回の取引でビットコイン取引よりも大きな利益を生み出したことになります!

1日の間に10回取引できたとして、7回予想が当たったら64750円のペイアウトを受け取れます。10回の取引には50000円が必要なので、利益は14750円です。元手が10万円なので利回りとしては14.75%になります。一日の利回りがこれだけ高いのでいかに稼ぎやすいかがわかるでしょう。

もちろん、予想が外れ続ければ損失になっていきます。しかし、ビットコインの売買をした場合でも同様で、予想が外れ続けると資産は減っていくことになります。

ハイローオーストラリアなら短期取引なのですぐに結果がわかります。

短気な人にとっては特にメリットが大きいのでおすすめです。何日も待っていられない人はハイローオーストラリアで取引をしていきましょう。

まとめ

日本円ステーブルコインのJPYCを運営しているJPYC株式会社がLinks株式会社と業務提携をしたことにより、JPYCも運用しやすくなりました。ただ、ステーブルコインなので運用による利益を得るのは難しく、あくまで資産分散のために用いるものだと考えた方が良いでしょう。積極的な運用についてはJPYCに比べるとビットコインが優れています。

しかし、ハイローオーストラリアならビットコインに比べて短期取引ができ、倍化させられるほどに効率的に資産を増やる魅力があります。

投資スタイルによってはハイローオーストラリアに限定する必要はありませんが、資産の一部はハイローオーストラリアで使って運用するのがおすすめです。資産をできる限り速やかに増やせるようにするために、ハイローオーストラリアで積極的な運用をするのは合理的な考え方です。
ハイローオーストラリアでは少額取引もできるので安心です。

まだ分散させて運用するほどの資金がないという人は、ハイローオーストラリアで投資を始めるのがおすすめです。

短期間で資産を増やし、必要に応じて資産の一部をJPYCやビットコインに使っていくと良いでしょう。

ハイローオーストラリア公式

[official]

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。