ハイローオーストラリア

グリーン投資よりハイローオーストラリア(Highlow.com)!まずバイナリーオプションに踏み切るべき理由

世界的にグリーン投資への注目度が高まっています。

投資によって資産形成を目指す際にもグリーン投資に取り組むケースが目立つようになりました。

ただ、本当にすぐにグリーン投資に踏み切るべき時期なのでしょうか。

この記事ではグリーン投資に資産を投入するよりも、まずはバイナリーオプションに着目することの重要性を提起します。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)を使って資産形成をしながら、グリーン投資について様子を見るのが最もおすすめできるのが現状です。

ハイローオーストラリア

この考え方が重要になった背景として挙げられるのが、イギリスの財務省によるグリーン・テクニカル・アドバイザリー・グループ(GTAG)を設置です。

グリーン投資の意味やGTAGの役割について理解し、今後の投資の方策を考えてみて下さい。

グリーン投資とは

グリーン投資が注目されているのはニュースでも話題になっています。その話を聞いて、とりあえずグリーン投資をしようと思った人もいるでしょう。

ただ、グリーン投資とは何かを考えてみたことがあるでしょうか。まずはグリーン投資について概要を確認しておきましょう。

グリーン投資には明確な定義がない

実はグリーン投資には明確な定義が存在していません。

ESG投資ならEnvironment(環境)、Society(社会)、Governance(企業統治)という三つの観点から優れた取り組みをしている企業に投資することという明らかな定義があります。

ESG投資のガイドラインも策定されているので、具体的にESG投資先として正しいかどうかを判断することも可能です。

ESG投資のガイドライン
ESG投資

しかし、グリーン投資については日本でも世界でも共通の定義を定めていません。

グリーンに象徴される環境を配慮した経済活動に対して投資をすることを漠然と意味しています。

日本でのグリーン投資

グリーン投資について日本では意味を解釈するのに役立つ施策が行われています。

エネルギー環境負荷低減推進税制と呼ばれる税額の低減措置です。

日本でのグリーン投資
エネルギー環境負荷低減推進税制

エネルギー問題は環境負荷と切っても切り離せない関係にあります。

クリーンなエネルギーを使用して温暖化防止の取り組みをするなど、環境に対する配慮を進める取り組みをしている企業に対して税制的な優遇が与えられています。

エネルギー環境負荷低減推進税制はグリーン投資減税という俗称があります。

こんなオレ

グリーン投資減税は平成30年3月31日をもって終了しています。

つまり、エネルギーについて見直しをして環境負荷を減らすための取り組みがグリーン投資として認められていると理解できるでしょう。

ただ、このような事例こそあるとはいえ、グリーン投資として認められるかどうかの具体的な基準が統一的に設けられているわけではありません。

グリーン投資の二面性

グリーン投資は二面性があることにも留意しておきましょう。

グリーン投資の二面性
グリーン投資の二面性

環境負荷を減らすためには経済活動をしている企業の積極的な取り組みが不可欠です。

そのために資金を投じて対策を推進する行為がグリーン投資として知られています。

上述の税制的な優遇でもグリーン投資をした企業に対して適用する仕組みです。

一方、投資家の視点に立つと、環境負荷を減らす取り組みをしている企業に投資をすることがグリーン投資になります。

環境を重視しつつ利益を生み出す事業を展開している企業に投資をすれば社会貢献になるだけでなく、中長期に利益を生み出せると期待できます。

こんなオレ

投資先の分野という意味でもグリーン投資という言葉が用いられているのです!

イギリスでグリーン投資の定義策定へ

イギリスでグリーン投資の定義策定へ

2021年9月にはイギリスの財務省がGTAGを設置しました。

GTAGは端的に言えばグリーン投資の定義をするために作られた機関です。グリーン投資の定義があいまいなために生じているトラブルを抜本的に解決するために設置されたという経緯があります。

こんなオレ

グリーン投資を推進するために国や地方自治体が起業を支援しているのは日本に限ったことではありません。

持続可能な社会を作り上げるためにも国を挙げて取り組まなければならないのが環境問題です。グリーン投資に取り組む企業には税制の優遇だけでなく、補助金を供出しているケースも多々あります。

国別ESG資産保有残高
国別ESG資産保有残高

ただ、グリーン投資の定義が明確ではないため、どのような取り組みを支援すべきかを判断するのが困難なのが現状です。

企業がグリーン投資と謡っている事業に資金を供出しても環境負荷の低減にはつながらなかったという問題も発生しています。

投資家がグリーン投資に取り組む場合には企業のプレスリリースやIR情報などを参考にして検討します。そこで企業がグリーン投資に取り組んでいると主張していたとしても、本当に環境への貢献度が高いかどうかを判断するのは容易ではありません。

三菱重工業のIR情報
三菱重工業のIR情報

このような問題を克服するためにGTAGを設置してグリーン投資の定義を策定するための協議が進められています。

このような状況を鑑みて、グリーン投資にすぐに踏み切るのは問題ではないかと感じた人もいるでしょう。環境問題への取り組みが重要な社会課題とされる現代でもグリーン投資を急ぐべきではないのはなぜなのでしょうか。

グリーン投資にすぐに踏み切るべきではない理由

グリーン投資を始めるのが時期尚早と考えられるのはグリーン投資の具体的な定義がないからに他なりません。

定義が明確でないとなぜグリーン投資を始めるのを踏み止まった方が良いのでしょうか。

定義が明確になると事業も支援も変化

グリーン投資

グリーン投資は世界的に推進されていて多数の企業が取り組んでいます。

しかし、グリーン投資の定義が明確になると、今までグリーン投資と言われてきた事業がグリーン投資として認められなくなる可能性があります。

環境負荷は減るけれど生産性が大幅に下がるならグリーン投資による業務改善ではないと考えられるでしょう。基準が明確に定められるとグリーン投資に該当する事例が少なくなる可能性も高くなります。

GTAGによるグリーン投資の定義策定では支援する視点を重視していると考えられます。この定義を満たしている事業にだけ補助金を出すといった明確な基準を作り、環境に貢献する事業に優先して資金を配分できるようにすることが国にとって欠かせないからです。

すると、支援の状況も一転して、今まで支援を受けられていた投資も支援が亡くなる可能性があります。

こんなオレ

定義が確定されていないからこそ支援を受けれていた企業の株価は大きく下がることが予想されますね。

このような変化がもたらされるため、グリーン投資のリスクが高いと考えられるのです。

リスク回避には待つのが肝心

リスク回避

現時点でグリーン投資をすると、定義策定後にはグリーン投資をしていない企業に投資するリスクがあります。

社会的な追い風や国からの補助金を利用して事業を進めようとしていた場合には、資金調達が困難になって業績が危ぶまれるようになるでしょう。

グリーン投資に精力的な点が着目されて人気になっていた企業も、定義から外れると人気を失うリスクがあります。そのため、現時点でグリーン投資をすると、定義が策定されてから業績が低迷する企業を選んでしまうリスクがあります。

このようなリスクを回避するにはGTAGによる定義が公開され、世の中で議論を巻き起こし、グリーン投資の定義が世界的に定着する頃まで待つのが大切です。

こんなオレ

先行投資は当たれば確かに大きく利益を生めますが、定義すら確定されていない状況だとただのギャンブルです...

上述のESG投資でも投資ガイドラインが策定される前は何がESGなのかを判断できずに失敗するケースも多数ありました。同じ失敗をグリーン投資で行わないためにも、今はまだ待つべきタイミングだと考えるのが妥当です。

環境への取り組みは永遠の課題

環境への取り組み

定義ができて世界的に定着するのを待っていたのでは投資に絶好なタイミングを逃してしまうと不安になるかもしれません。

確かに一時的なトレンドで人気になるテーマ投資の場合には少し出遅れただけで利益にならないどころか損失になることもあります。

しかし、グリーン投資は環境問題への取り組みなので、地球で活動する上では永遠の課題です。これからも次々に新しい課題が登場してきて、世界を挙げて解決に取り組まなければならないでしょう。

こんなオレ

今はまだじっと待つ段階だと思います!

その鍵を握るのは企業です。活動を是正してグリーン投資に取り組む企業は今後ずっと支持を受けると期待されます。

新たな取り組みを始める企業は高い評価を受けるため、たった今でなくとも大きな成長を遂げる企業が登場します。そのときを狙ってグリーン投資をすればリスクが低く、リターン尾期待できる投資が可能です。

まとまった資金を海外バイナリーオプションで調達しよう

将来に最適なタイミングが到来したらグリーン投資を始めるのが魅力的です。

ただ、その際に潤沢な資金がないと大きな利益を生み出すのは難しいでしょう。グリーン投資に適した時期が到来するまでは手持ち資金を別の方法で運用して、まとまった資金を作っておくのが合理的です。

この目的でおすすめなのが海外バイナリーオプションです。なぜ数ある投資の中でも海外バイナリーオプションが良いと考えられるのでしょうか。

海外バイナリーオプションはトレンドによらずに稼げる

海外バイナリーオプションは社会的なトレンドに依存することなく、どのような情勢や景気でも稼げるのが特徴です。数分から一日くらいの間での為替レートの変動に着目して、上昇するか下降するかを予測するのが海外バイナリーオプションです。

為替レートの変動に着目して、上昇するか下降するかを予測

グリーン投資に着目して企業の株式に資金を投じたり、グリーン投資をテーマにした投資信託を利用したりすると、グリーン投資の定義が変わった時点で急変を起こすリスクがあります。順調に伸びていた株価が急落することも、投資信託の基準価額が暴落することもあるでしょう。

しかし、海外バイナリーオプションなら相場が下がるときには、下がると予測して取引をすれば利益になります。トレンドに左右されずに、冷静に相場の動きを読めば良いだけなのが魅力です。

海外バイナリーオプションは短期投資に適している

短期投資

海外バイナリーオプションは短期投資に向いています。

国内の証券会社などでもバイナリーオプションはできますが、一回の取引が2時間以上の枠組みです。一日や一つの回号で取引できる金額の上限も低い場合が多いため、短期投資で大きな利益を上げるのは困難です。

国内バイナリーオプション業者の利用者必見!ハイローオーストラリア(Highlow.com)に転向すべき理由国内業者と同じようにしてバイナリーオプションに取り組めるサービスが整っていて、さらに取引の幅を広げられるのがハイローオーストラリアを選ぶべき理由です。もっと稼げるようになりたい人は国内業者からハイローオーストラリアへの転向を進めましょう。口座開設が容易で、オンラインの手続きだけで3分ほどで済ませられます。...

海外バイナリーオプションの場合には短ければ30秒で取引が完了します。数分単位での取引ができることに加え、一回の取引で数万円以上も投入できます。

ペイアウト率が高い業者を選んで取引すれば、毎月何百万円という利益を得ることも夢ではありません。

日を跨がない取引が可能なのは大きなメリットで、海外バイナリーオプションならサラリーマンのように忙しい人でも資産形成を進められます。

誰でも余剰時間に応じた取引計画を立てられるので、グリーン投資によって手堅く資産を増やすための原資を作りたいと思っているなら誰にでもおすすめできる方法です。

夜を攻略!サラリーマンもできるハイローオーストラリア(Highlow.com)の投資スタイルとは?
夜を攻略!サラリーマンもできるハイローオーストラリア(Highlow.com)の投資スタイルとは?日本の夜の時間帯はハイローオーストラリアでバイナリーオプションをするのに適しています。取引量が多いロンドン市場とニューヨーク市場の時間なので、相場の方向性がはっきりとしやすいからです。ただし、それぞれの市場がオープンした直後は相場が荒れるリスクがあるため、取引に使える時間は決して長くはありません。...

ハイローオーストラリアは稼ぎやすくておすすめ

ハイローオーストラリアがおすすめ

海外バイナリーオプションならどれでも理想的な形で稼げるというわけではありません。海外バイナリーオプションはサービスの自由度が高いため、利用する業者によって取引内容にも雲泥の差があります。

稼ぎやすくておすすめなのは冒頭でも言及したハイローオーストラリアです。ハイローオーストラリアは業界トップクラスのペイアウト率を誇っているのが最大の魅力です。

ハイローオーストラリア公式

どの業者を使ったとしても通貨ペアを選び、レートが上昇するか下降するかを予測して取引することに違いはありません。ペイアウト率が高いと当たったときの利益率が高くなるので、ハイローオーストラリアを選ぶメリットが大きいのは明らかでしょう。

こんなオレ

ハイローオーストラリアのペイアウト率は最大2.3倍で業界最高水準です!

ハイローオーストラリアでは最短で30秒の短期取引にも対応していて、15分や1時間といった選択肢もあります。

バイナリーオプションを実際にやってみると自分に合う取引時間があるのに気付く場合がほとんどです。ハイローオーストラリアなら自分にとって最適な時間をきっと選び出せるでしょう。

まとめ

グリーン投資は注目すべき社会状況があるのは確かですが、定義が明確になっていないので投資に踏み切るのはまだ早いと考えた方が良いでしょう。

イギリスの財務省が設置したGTAGによる定義が発表され、世界的なコンセンサスが取れた時点でグリーン投資を始めると確かな資産形成につながります。

それまでの資産形成としてハイローオーストラリアの海外バイナリーオプションを進めるのがおすすめです。

こんなオレ

短期投資によって時間を有効活用し、少しずつ着実に資産を増やせばグリーン投資を始めるときの原資が大きくなります!

ハイローオーストラリアは以下のリンクから口座開設ができ、早ければ今日から取引を開始可能です。

この記事を読んで資産の準備をしたいと思ったなら、すぐに口座を作ってハイローオーストラリアを使ってみましょう。

ハイローオーストラリア公式

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)

公式Highlow.comの紹介画像

日本人の利用率がNo.1!!

今なら 新規口座開設をすると

公式Highlow.comの紹介画像 5,000円

キャッシュバック!!

キャッシュバックキャンペーン中

特徴
最短5分で取引スタート
日本人による無料サポート
業界最高水準のペイアウト率
登録不要の無料デモトレード

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の最大の特徴は、業界最高水準のペイアウト率で取引が可能なことです。
取引手数料が無料で高いペイアウト率で取引できることから日本で一番利用されている海外バイナリーオプション業者です。

海外業者ではありますが、日本人による無料のサポートが受けれるため、何かあっても英語が喋れなくても安心です。
また、登録不要でデモトレードを無料で行えるため初心者にも安心です。

現在、新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。