ハイローオーストラリア

カーボンニュートラルの時代にビットコインの立場は?BitMEXの取り組みとハイローオーストラリアの実態

カーボンニュートラルは現代における課題の一つとして世界的な取り組みが行われています。地球環境の保全に努め、持続可能な開発を続けていくためにはカーボンニュートラルは欠かせない考え方でしょう。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)ではカーボンニュートラルについての取り組みをしていると公言はしていません。ただ、投資や金融の業界ではカーボンニュートラルを推進する傾向が強いわけではなく、それよりも利用者が安心できるサービスを提供することを重視しています。

お金を取り扱うサービスだからこそ、安全性を重視したサービスを徹底するのが重要なのです。

しかし、ビットコインに関連する事業ではカーボンニュートラルを意識する必要もあります。ビットコインマイニングには莫大な電力が必要になるため、電力供給によって生じる環境問題への取り組みを企業として推進することが大切だからです。

BitMEXではカーボンニュートラルに向けた取り組みを本格化しました。

こんなオレ

ビットコインに関連するサービスを提供する上では模範的と言えるでしょう。

この記事ではBitMEXのカーボンニュートラルに向けた取り組みの最新情報を紹介します。ハイローオーストラリアの実態についても解説するので、今後の投資の仕方をよく考えてみてください。
[official]

21世紀はカーボンニュートラルの時代

地球環境を維持していくのは21世紀における大きな課題です。カーボンニュートラルの時代とも言われるようになったので、カーボンニュートラルという言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

カーボンニュートラルとはどういう意味なのでしょうか。

まずはカーボンニュートラルの意味と重要性についてわかりやすく紹介します。

カーボンニュートラルとは

カーボンニュートラルとは
カーボンニュートラルとは

二酸化炭素を代表とする地球環境に悪影響をもたらす可能性がある炭素源について、排出者が責任を負って補うことを指します。
カーボンニュートラルのカーボンは炭素ニュートラルは中性を意味しています。

カーボンニュートラルとは環境負荷になる炭素排出をしたときには、その分の環境負荷を炭素源の回収によって補って環境中に排出する炭素量をトータルではゼロにすることを指しています。

基本的に同じコンセプトの言葉としてネット・ゼロ・エミッションがあります。

ネット・ゼロ・エミッションとは
全体として見ると環境中に出される二酸化炭素などの環境に悪影響があるものをゼロにすることです。

住宅業界でよく用いられている言葉で、住生活で必要になる電気やガスによる環境負荷を太陽光発電などによってまかなうことでネット・ゼロ・エミッションを実現しています。

カーボンニュートラルは企業活動でよく用いられているキーワードです。
企業が事業を進めるときにはエネルギーが必要になります。企業活動によって生じるエネルギー消費などの環境負荷を炭素量に置き換えて算出し、再生可能エネルギーによる自家発電などによってカバーすることで環境に負担をかけない事業を進めているとカーボンニュートラルと言われます。

カーボンニュートラルを実現するのは決して簡単なことではありませんが、どの企業も取り組むことが必要になっているのが現状です。

カーボンニュートラルに取り組む必要性

カーボンニュートラルに取り組む必要性

カーボンニュートラルに取り組む必要があるのは地球環境を守らなければならないからです。二酸化炭素やメタンガスなどの温室効果ガスの影響によって地球温暖化が進んでいます。

地球温暖化が進むと・・・

人は比較的、気候変動に強い生物なので、地球温暖化によって気温が1度や2度上がったとしても大きな問題はないでしょう。

しかし、わずか1度や2度の上昇によって生きていくのが難しくなる生物種もいます。絶滅してしまうことになると生態系が崩れてしまうことは否めません。

大自然の中で維持されてきたエコシステムが崩壊し、現状の自然環境を維持できなくなるリスクがあります。

動物にも気候変動に弱い種がいますが、海洋生物や植物には気候変動による影響を受けやすい種がたくさんいることがわかっています。

気候変動に対策するためには、企業がカーボンニュートラルに取り組み、地球環境に影響を及ぼさない事業活動を進めることが欠かせません。

カーボンニュートラルは個人でも重要

カーボンニュートラルは個人でも重要

二酸化炭素などの地球環境に大きな影響を及ぼす温室効果ガスの排出は企業による生産活動に由来しているものがほとんどです。しかし、家庭での消費活動によって環境負荷が発生していることも否定できないという考え方が広まってきました。

こんなオレ

企業活動も大本に戻ってみれば消費者のための活動です!

そのため、個人もカーボンニュートラルに取り組むことが強く求められているのが現状です。ネット・ゼロ・エミッションの住宅が重視されているのも全く同じ理由です。

個人の住宅からの温室効果ガスの排出が減り、社会がカーボンニュートラルに向かっていけば地球環境は良好な形で保たれるでしょう。

ぜひ今後の地球環境を考えて、カーボンニュートラルに協力してください。

BitMEXのカーボンニュートラルの取り組み

仮想通貨取引所のBitMEXはビットコインや仮想通貨に関連する企業の中でも突出してカーボンニュートラルの取り組みを推進しています。模範企業と言われるほどに努力を続けてきていますが、どのような取り組みをしているのでしょうか。

BitMEXのあり方は注目の的

BitMEXのあり方は注目の的

BitMEXではカーボンクレジットを活用してカーボンニュートラルをビットコイン業界で初めて実現しました。

BitMEXはビットコインを中心とする仮想通貨取引所としての多角的なサービスを提供しています。

多くのユーザーが利用しているので、広い意味で考えると莫大な炭素排出量になっているでしょう。カーボンニュートラルにするためには炭素の排出をした分だけ、植林などによって炭素の回収をしなければなりません。BitMEXが自ら植林事業をするのはかなり大変でしょう。

そこで選んだのがクレジット取引です。

カーボンニュートラルへの取り組みは世界全体で進める必要があります。ただ、トータルでカーボンニュートラルになっていれば地球環境に悪影響はないと考えられるでしょう。そのため、炭素を排出する量を規制するだけでなく、炭素排出量と吸収量について売買ができる仕組みを整える国が増えてきました。

日本でもJ-クレジットと呼ばれる炭素の排出量と削減量または吸収量の取引基盤ができています。

BitMEXではこのようなクレジット取引の仕組みを利用し、植林をしている企業と提携して炭素クレジットを購入したのです。BitMEXが提携したのはpachamaという組織で、森林回復のための取り組みを続けています。

pachamaとは
森林再生や森林の破壊防止に努めているのが特徴で、大きな炭素クレジットを生み出している組織です。

BitMEXでは自社の環境フットプリントを明確に分析し、炭素排出量に見合った炭素クレジットを手配しました。これによってBitMEXはカーボンニュートラルと認められるようになったのです。

ビットコイン業界では斬新

ビットコイン業界では斬新

BitMEXの取り組みは斬新なものでした。ビットコインや仮想通貨の業界では環境との共存が重要な課題になることは要人発言でもよく取り上げられています。代表的なのはアメリカの電気自動車メーカーとして有名なテスラのイーロン・マスクによる要人発言です。

イーロン・マスク
Elon Musk

イーロン・マスクは環境負荷が大きいビットコインマイニングについて指摘し、再生可能エネルギーを使う方向性に切り替えなければテスラでビットコイン決済を取り入れないと明言しました。

これによってビットコイン相場も大きく揺れ動き、イーロン・マスクはビットコイン相場の要人として注目されるようになっています。

ビットコインの再生可能エネルギー使用率は56%と判明!ハイローオーストラリア(Highlow,com)で使える重要なポイントは?ハイローオーストラリアではビットコインでの取引が可能になりビットコインの情勢に関心を持っている人が増えています。ここではビットコインの再生可能エネルギー使用率の問題について解説し、ハイローオーストラリアで使える重要なポイントを読み解きます。...

ビットコインマイニング企業の場合には再生可能エネルギーへの切り替えによって環境負荷を減らす取り組みをすればカーボンニュートラルに近づくことができます。しかし、仮想通貨取引所のBitMEXでは自家発電で事業をまかなうくらいしかカーボンニュートラルを目指す手立てはないと考えられていました。

しかし、炭素クレジットを活用することでBitMEXはカーボンニュートラルを実現したのです。

この着眼点はビットコイン業界にはありませんでした。企業のCSR活動が注目される時代になっているので、今後は炭素クレジットを活用する動きが強まっていくと考えられます。

ハイローオーストラリアはカーボンニュートラルか

ハイローオーストラリアも企業として環境問題に配慮した事業を進めることが求められるのは確かでしょう。ハイローオーストラリアはカーボンニュートラルのサービスを提供しているのでしょうか。

カーボンニュートラルかどうかを公表していない

カーボンニュートラルかどうかを公表していない

ハイローオーストラリアでは環境問題に対する取り組みについて全く情報を公表していません。

こんなオレ

カーボンニュートラルかどうかを示すには莫大なコストがかかります。

上場企業になると透明性が重視されるため、近年では環境フットプリントを出すのが一般的になってきました。上場企業は資金的に体力もあるのでコストとかけて事業の透明性を高めることができます。

ただ、ハイローオーストラリアを運営するHLMIのように小さな企業が環境フットプリントを出すのは容易ではありません。その結果を踏まえて炭素クレジットを購入すればハイローオーストラリアもカーボンニュートラルになるでしょう。

炭素クレジットの購入にもコストがかかるのでハイローオーストラリアの経営継続も難しくなるかもしれません。

現実的にはBitMEXのようにカーボンニュートラルにはなっていないでしょう。ただ、世界的に見てもカーボンニュートラルを目指しているのは大手上場企業ばかりです。

もともと環境負荷が大きい事業活動を展開している大企業がまずは率先して取り組むべきと考えられているのです。

今後のハイローオーストラリアは大丈夫?

今後のハイローオーストラリアは大丈夫?

ハイローオーストラリアはカーボンニュートラルではないと考えられますが、今後も大丈夫なので安心して利用していきましょう。社会との共存が必要なのは明らかです。

しかし、カーボンニュートラルではない企業は直ちに事業を停止するように国が決めるようなことはまずあり得ません。

中小企業は資金の獲得に苦労していて経営難に陥っているケースも増えています。経営継続の条件としてカーボンニュートラルを挙げられてしまい、炭素クレジットを購入する必要が生じたら倒産リスクも高まるでしょう。
中小企業も大企業と同じくらい社会に大きな貢献をしています。

中小企業が経営を継続することができるように国も配慮して制度を整えていくのが当然でしょう。

ビットコイン投資では仮想通貨取引所の利用が必要になります。大きな経営基盤を持っている仮想通貨取引所ほど安心と思うかもしれませんが、上場企業ともなるとBitMEXに倣ってカーボンニュートラルにするよう強く求められる可能性があります。法制化されると炭素クレジットを購入しなければならない状況が生まれるでしょう。

すると大手でも経営難に陥り、手数料が増えるなどのサービスの改悪が起こるかもしれません。

ハイローオーストラリアの今後は安泰なので、積極的に利用していくのがおすすめです。投資をするならハイローオーストラリアと理解し、今のうちから資産形成を進めていきましょう。

まとめ

カーボンニュートラルの事業を進めることは世界のどの企業にも求められることになりつつあります。しかし、中小企業がカーボンニュートラルを目指すと倒産するリスクがあることから、厳しい規制を敷くことはできない状況が続いています。

BitMEXはビットコインや仮想通貨の関連業界で最初にカーボンニュートラルを実現しました。

炭素クレジットを購入するという賢い方法で、世界から注目されるカーボンニュートラル企業としての地位を獲得したのです。

ハイローオーストラリアもこの斬新なやり方を真似することはできます。しかし、コスト面を考えるとあえてカーボンニュートラルを選ばないのも賢いと言えるでしょう。ユーザーに還元できる金額を大きくするにはコスト削減が必須です。

ハイローオーストラリアはユーザー想いなので、あえてカーボンニュートラルを目指していないとも考えられます。

今後もハイローオーストラリアは安定経営を続けていくと期待されます。ずっと安心して投資できるサービスを使いたいと思うなら、ハイローオーストラリアを選びましょう。

口座開設クイックガイド~ようこそハイローオーストラリア(Highlow.com)へハイローオーストラリアの口座開設から利用開始までの流れはとてもシンプルです。口座開設後、入金を済ませればすぐ利用開始できます。このクイックガイドを見ながら進めていけばすぐに手続きを終えられるでしょう。この機会に手続きをしてみて下さい。...
ハイローオーストラリア公式

[official]

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。