仮想通貨

ビットコインが金融安定を揺るがす!当局の見解とハイローオーストラリア(Highlow.com)の今後を考えよう!

世界的な金融安定を図るのは社会不安の解消にも経済の健全さのサポートにもなります。金融政策は各国が独自に行っていますが、世界的なつながりも強いことから国際協力が求められている領域です。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)の提供するバイナリーオプションについても世界的に議論がありました。バイナリーオプションを禁止する傾向が強まり、主要国では日本やアメリカなどを残して全面禁止している国が多くなっています。消費者を過度に守ろうとする傾向が強まり、規制当局の圧力が大きくなっているからです。

金融安定を図るための組織として金融安定理事会(FSB)があります。FSBの見解として国際金融システムの構造的課題として、仮想通貨(暗号資産)市場と気候変動リスクが取り上げられました。

ビットコインと気候変動リスクについては以前から議論が沸騰しています。

金融安定のためにはビットコインを禁止する必要があるのでしょうか。

この記事ではFSBの見解に基づくビットコインの将来性と、ハイローオーストラリアの今後について解説します。
[official]

金融安定に関するFSBの発表

世界の金融問題について協議する金融安定理事会(FSB)では2021年10月28日付でG20の首脳宛てに国際金融システムの直面している課題について訴えを出しました。この発表では今後の国際金融システムを安定させるためには二つの課題があることを述べています。

こんなオレ

ハイローオーストラリアやバイナリーオプションについてはFSBの公表した内容では言及されていません。

大きな焦点が置かれたのはビットコインを代表とする仮想通貨(暗号資産)と気候変動でした。

FSBは厳しい規制をしてビットコインを取り締まるつもりなのでしょうか?

どのような発表だったのかを簡単に見ていきましょう。

ビットコインの暴騰と暴落から監視が必要

ビットコインの暴騰と暴落から監視が必要

FSBでは仮想通貨市場について禁止の意向を持っているわけではありません。金融安定に関するリスクファクターとしてビットコインなどの仮想通貨からは目が離せず、監視を必要とすることを述べています。

ビットコインは過去一年間に暴騰を起こしました。
2021年4月から5月にかけて6万ドル前後を記録し、さらに10月には6.6万ドルにまで上昇しています。

こんなオレ

ただ、この間に持続的に相場が上がっていたわけではありません。

5月にはビットコインの大暴落が起こり、4万ドル前後まで低迷しました。その後も単調に増加してきたわけではなく、投資家が不安になるような相場の上下動を繰り貸してようやく6万ドルの大台に乗ったという経緯があります。

このような暴騰と暴落が起こる金融資産は個人や法人の資産の不安定性をもたらす要因になります。

金融安定を目指す上では注意深く動向を監視し、必要に応じて規制を設ける必要があると考えるのはもっともなことでしょう。

気候変動リスクへの対処が必要

気候変動リスクへの対処が必要

気候変動リスクとビットコインについての議論は尽きません。

こんなオレ

ただ、FSBの発表は世の中で議論されている内容とは切り口が異なります。

ビットコインを安定して運用できるようにするためには高いハッシュレートを維持できるようにビットコインマイニングを活発に実施しなければなりません。しかし、ビットコインマイニングには莫大なエネルギーが必要になります。

ビットコインのハッシュレートが急落!ハイローオーストラリア(Highlow.com)の戦略への影響を徹底紹介!ハイローオーストラリアではビットコイン利用が可能になりビットコイン関連ニュースに注意する必要が生まれています。ビットコインのハッシュレートが急落したのは中国におけるビットコインのマイニング規制が主な原因と考えられています。状況に応じて適切な戦略を選びハイローオーストラリアのビットコインを上手に使いこなしていきましょう。...

ビットコインマイニングにはハイスペックなパソコンを同時に多数稼動させなければなりません。電力消費量は一国の消費量に匹敵するくらい大きいことがわかっています。

そのエネルギー源として火力発電を使用し、化石燃料を使っているのでは地球温暖化を促す原因となってしまいます。

その打開策として太陽光発電や地熱発電などの再生可能エネルギーの利用が推進されています。

ビットコインの再生可能エネルギー使用率は56%と判明!ハイローオーストラリア(Highlow,com)で使える重要なポイントは?ハイローオーストラリアではビットコインでの取引が可能になりビットコインの情勢に関心を持っている人が増えています。ここではビットコインの再生可能エネルギー使用率の問題について解説し、ハイローオーストラリアで使える重要なポイントを読み解きます。...

また、ハイスペックなパソコンを常時フル稼働させると寿命が問題になります。わずかな期間でパソコンや関連機器の廃棄物が発生してしまうのも環境問題に直結する点です。

廃棄処理のためにはエネルギーが必要になるため、やはり気候変動に影響するリスクがあります。

ビットコインで廃棄物が大量発生!?電力消費の問題も考えてハイローオーストラリア(Highlow.com)を利用しようこの記事ではビットコインの人気上昇と取引量増加に伴って見えてきた問題点を紹介します。ビットコインに興味がある人が売買よりもハイローオーストラリアのバイナリーオプションを選ぶべき理由を解説するので、ぜひ今後の投資の参考にしてください。...

このような視点での議論が世の中では一般的です。しかし、FSBの見解は地球温暖化を抑制するためにビットコインを規制することに着眼しているわけではありません。

世界の金融規制当局として、FSBはあらゆる金融について気候変動リスクを数値化して評価すべきだという見解を出しています。

国際的な開示基準を設けることで気候変動リスクを評価して適切な規制をしていくことが必要と考えています。

FSBはGSCも懸念

FSBはGSCも懸念

FSBは10月28日付の書簡を送る前の10月13日にGSCのリスクや規制に関する報告をしています。

GSCとは

グローバル・ステーブルコインのことで、金融安定のためにはステーブルコインのリスクを考慮しなければならないという考え方が世界的に広まっています。

FSBは世界的な金融監督を推進するためにGSCについて徹底した議論を重ねてきていました。結論としてはGSCに対して国際的な監督基準を設けることが重要だと述べています。

IMF(国際通貨基金)では金融安定に仮想通貨がもたらすリスクが高く、規制の枠組みが整っていないことを指摘していました。

こんなオレ

IMFではステーブルコインについては詳しく言及されていません。

IMFとは違う切り口でFSBは仮想通貨のリスクについて警告を出していると言えます。

ステーブルコインの規制強化!ビットコインで取引できるハイローオーストラリアへの影響は?この記事ではハイローオーストラリアとステーブルコインとの関係を深く読み解いていきます。ステーブルコインについて詳しく知らない方のために、概要と規制の動きも紹介するのでぜひ参考にしてください。...

GSCは国際的に利用されるステーブルコインです。ステーブルコインは法定通貨と連動するように価値が動くよう設計されているのが特徴で、米ドルのステーブルコインなら米ドルと相場の動き方が酷似するようになっています。すると、ステーブルコインを法定通貨の代わりに使用する動きが生まれるでしょう。

特に国際的に使えるGSCの場合には送金や決済などにも使用できると期待されます。

既存の通貨の規制枠とは別に扱われているため、現状の規制の仕方では対応しきれなくなるリスクがあるのです。

Facebook(現在のMeta)のLibra(現在のDiem)が世界的に活用されつつある状況や、メタバースの実現が間近に迫っている様子があることのも懸念の原因になっています。すぐにもGSCの活用が進みそうな状況があるからこそ、GSCの規制を急ぐ必要があると考えているのです。

https://www.andscene.jp/facebook%e3%81%8c%e6%96%b0%e7%a4%be%e5%90%8dmeta%e3%81%ab%ef%bc%81%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%ae%e8%bf%bd%e6%b1%82%e3%81%a8%e3%83%93%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b3%e3%82%a4.html

世界的にもGSCやステーブルコインの規制については前向きです。EUでも厳しい規制をしなければならないことを共同声明として発表しました。ビットコインはステーブルコインではないので議論の対象ではありませんが、今後に影響が全くないわけではないでしょう。

FSBの見解を受けてビットコインはどうなる?

FSBはビットコインなどの仮想通貨に関連する金融システムの監視をする重要性と、気候変動リスクと金融との関連について指摘しました。GSCについても強い懸念を持っていますが、今後、FSBの見解を受けてビットコインはどうなるのでしょうか。

金融安定に向けた規制が進む

金融安定に向けた規制が進む

ビットコインなどの仮想通貨に対しては国際的な規制が進むでしょう。金融安定に向けて監督する立場のFSBが徹底的に監視をする答申を出したので、主要国を中心としてビットコインが金融にどのような変化をもたらすかが逐次チェックされていきます。

こんなオレ

何も問題が起こらないことはまずないでしょう。

今まで存在しなかった世界的に使えるデジタル通貨としてのビットコインに加え、他にも無数の仮想通貨が流通しているからです。ビットコインそのものが規制されるかどうかはわかりませんが、仮想通貨に対する国際ルールが厳しくなっていくことは否めません。

国際的な監督を受けて相場が安定する

国際的な監督を受けて相場が安定する

FSBによる国際的な監督を受けることになるとビットコインの取引は自由度が低下します。

こんなオレ

今までと同じように取引も管理もできなくなる可能性があります。

ただ、国際的に統一された基準で管理されるようになると、この国ではできるけれどあの国ではできないといったことがなくなっていきます。すると、ビットコインの取引のあり方が統一され、相場が安定しやすくなります。

管理されて安心して利用できるようになるとビットコイン取引をする投資家も増え、相場の安定性が向上すると期待されます。

ハイローオーストラリアの今後はFSBに左右される?

ハイローオーストラリアの今後はビットコインなどの仮想通貨規制についてコメントしたFSBの動きによって左右される部分があるのでしょうか。これから生じ得るリスクについて確認しておきましょう。

ビットコイン投資に向かう人が増えるリスク

ビットコイン投資に向かう人が増えるリスク

FSBの見解は比較的ポジティブです。

ビットコインで投資をするかどうかで迷っていた人も投資に踏み切る可能性があります。

それ自体はビットコインの相場を安定させる方向に向かわせるので、ハイローオーストラリアでビットコイン取引をしやすくすることにつながるでしょう。

しかし、ハイローオーストラリアの投資家が撤退してしまうリスクがあります。ユーザーがあまりいないとハイローオーストラリアはサービスを継続できません。

あまりにもビットコインが人気になるとサービス停止のリスクがあります。

ただ、ハイローオーストラリアは日本を撤退するのではないかと言われるほどの難所を乗り越えてきた歴史のあるサービスです。移転を繰り返して規制を乗り越え、ユーザーメリットを提供するために努力してきています。

【2021年最新版】ハイローオーストラリア(Highlow.com)の日本撤退の噂と事実を網羅的に調査・検証ハイローオーストラリアが撤退すると言う噂は2013年頃から出てきましたが、今も根強く存在しています。2021年現在もサービスの向上に努めていて、撤退はあくまで噂レベルであると言えます。...
ハイローオーストラリア(Highlow.com)の移転の背景を解き明かした結果ハイローオーストラリアの移転はユーザーを動揺させる動きでした。撤退や悪徳業者という噂も出たほどです。しかし、二回の移転は優良業者としてメリットの大きいサービスを提供し続けるのが目的だということがこの記事でわかるかと思います。より良いサービスをいつも受けられるようにしたいと思うなら、ハイローオーストラリアがおすすめです。...

根強い支持があるので、ビットコイン投資に多くのユーザーが逃げたとしてもハイローオーストラリアはサービスを提供し続けるでしょう。ビットコイン投資とバイナリーオプションは本質的に違うので、一度逃げた投資家も戻ってくる可能性があります。

ハイローオーストラリアはユーザー想いのサービスを手掛けているので、あまり不安を抱く必要はありません。

ビットコインのお陰でFSBには左右されない

ビットコインのお陰でFSBには左右されない

FSBが世界的にバイナリーオプションを禁止する方針を立てるとハイローオーストラリアも営業できなくなります。

しかし、ビットコインのお陰でFSBの焦点はバイナリーオプションから遠ざかりました。

ビットコインなどの仮想通貨が重要な論点になっているので、バイナリーオプション規制については小さな問題としてしか捉えられていないのです。

この状況が続く限りはハイローオーストラリアがFSBによって左右されることはないでしょう。GSCの課題もあるのでハイローオーストラリアは安泰です。

ハイローオーストラリアならいつまでも安心して取引を続けられるでしょう。

まとめ

金融安定を図るのは世界的な課題です。FSBによって金融安定のための監督が行われていて、ビットコインなどの仮想通貨と気候変動リスクが大きく取り上げられました。

ハイローオーストラリアとの関連ではビットコインが監視対象となったのが大きなポイントです。

FSBはむやみにビットコインなどの仮想通貨を規制するつもりはありません。あくまで金融安定を目指して監視を続け、必要に応じて規制を設けていくという方向性です。

ハイローオーストラリアではバイナリーオプション規制によって苦しい時期がありました。しかし、ビットコインのお陰でFSBによる規制を受けてしまうリスクが極めて低くなっています。ビットコイン投資に動く投資家が増えるリスクはありますが、これまでのハイローオーストラリアの沿革を考えるとサービスは継続されるでしょう。

こんなオレ

むしろ、多くのユーザーを獲得できるようにサービスを向上させるとも期待できます!

ハイローオーストラリアの取引は金融安定を揺るがすことはありません。今後も安心して利用できるサービスなので、ぜひこの機会にハイローオーストラリアでバイナリーオプション取引を始めてみてください。

口座開設クイックガイド~ようこそハイローオーストラリア(Highlow.com)へハイローオーストラリアの口座開設から利用開始までの流れはとてもシンプルです。口座開設後、入金を済ませればすぐ利用開始できます。このクイックガイドを見ながら進めていけばすぐに手続きを終えられるでしょう。この機会に手続きをしてみて下さい。...
ハイローオーストラリア公式

[official]

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。