ハイローオーストラリア

ビットコイン決済が店頭でも実現!消費経済の変化がハイローオーストラリア(Highlow.com)も変える?

ビットコイン決済が店頭でも実現されたらハイローオーストラリア(Highlow.com)はどうなるのかと気になる方もいるのではないでしょうか。ハイローオーストラリアではビットコインによる入金に対応していて、ビットコインユーザーにとって大きな魅力があります。

こんなオレ

日本ではまだビットコインが世界と比べると流通していませんが、徐々に注目する人も増えてきました!

ビットコイン決済はオンラインではできるケースが見られるようになってきています。しかし、店頭の売買ではビットコインで支払いをするのが困難なのが現状で、日本に限らず世界で同じ状況があります。

ところがグローバル大手の決済サービスプロバイダーとして知られるVerifoneが大きな決断をしました。Verifoneはビットコイン取引所のBitpayとの提携を発表したのです。

決済方法のあり方は消費経済に大きな影響を与える要因になります。ハイローオーストラリアでもこの影響を受ける可能性があるのでしょうか。この記事ではビットコイン決済の動向について紹介した上で、ハイローオーストラリアを変える可能性があるのかをわかりやすく解説します

結論としてはハイローオーストラリアでの取引チャンスが増えると考えられます。ぜひ口座を持っていない人も、今からハイローオーストラリアの口座を持って取引チャンスを手に入れてください。

[official]

ビットコイン決済を変えるVerifoneとBitpayの提携とは

グローバル展開をするVerifoneとBitpayはどちらも業界では有名企業です。ただ、日本の消費者や投資家にとってはあまり耳慣れない企業かもしれません。

この2社の提携はビットコイン決済、さらには仮想通貨決済のあり方を大きく変え、消費経済も揺るがす可能性があります。その理由を理解するために、まずは両社について簡単に確認しておきましょう

大手決済ソリューションVerifoneとは

大手決済ソリューションVerifoneとは

Verifoneはハワイで創立した大手決済ソリューションサービス企業です。アメリカ本土に拠点を移してアメリカ全土、さらには日本を含む海外にもサービスや技術を提供しています。

独自の決済システムと決済端末を開発してシェアを広げていて、海外展開では各国の決済サービス会社への技術あるいは端末やシステムの提供をしているのが特徴です。

日本でもキャッシュレス化が推進されている影響で、VerifoneのPOSシステムを活用しているケースが多くなっています。

多数の決済サービスプロバイダーがVerifone製のPOSシステムや決済システムを取り入れていて、利用している店舗も増えているのが現状です。Verifoneではクレジットカードや電子マネー、QRコード決済などが利用可能で、一般的な決済方法なら一通り対応可能です。決済サービスを導入して効率的にキャッシュレス化をしつつ、POSも運用したいケースでは特に大きな魅力があるサービスとして人気があります。

大手ビットコイン取引所Bitpayとは

大手ビットコイン取引所Bitpayとは

Bitpayはアメリカのアトランタに本社多くビットコインを中心とする仮想通貨ウォレット及び取引サービスのプロバイダーです。2011年に設立して事業を拡大していて、世界的にウォレットの所有者が増えてきています。

数あるグローバル規模の仮想通貨ウォレットサービスの中でもビットコインでの支払い処理に強いのがBitPayの特徴です。BtoBの事業に力を注いでいて、2018年にビットコインだけでなくビットコインキャッシュや各種ステーブルコインに対応したことで急速な成長を遂げています。

2017年、2018年のビットコイン低迷期にも年間10億ドル以上の支払処理をしていた経歴があり、信頼性が高いビットコインウォレットとして注目されています。

両社の提携は何をもたらすのか

両社の提携は何をもたらすのか

グローバル規模でのシェアと信頼を持つVerifoneとBitpayの提携が何をもたらすのかはイメージできたのではないでしょうか。

ビットコインに強い決済ソリューションサービスが確立されることを意味しているのです。

Bitpayはあくまでオンラインでのビットコインによる支払いサービスに長けているだけで、オフラインではサービスができません。一方、Verifoneは店頭での導入に強いPOSシステムや端末の開発をしていて、多様な決済に対応できるソリューションを提供していることでオフラインに強みを持っています。

こんなオレ

この2社が提携することで、オフラインでのビットコイン決済がスムーズに進められるのです!

Verifoneの決済サービスはオフラインだけでなくオンラインでも利用できます。一本化された決済ソリューションが提供されるようになると考えられる状況になったのです。

Verifoneの想定しているソリューション展開

Verifoneの想定しているソリューション展開

オフラインでのサービスプロバイダーとしての主体は既にグローバルシェアを持っているVerifoneです。Verifoneでは決済サービスの加盟店に対して、店頭での決済にもビットコインを使えるサービスを提供することを想定して開発を進めています。

店頭でビットコインによる支払いを受けるのにBitpayの仮想通貨ウォレットを必要としないサービスに整える予定になっているのも注目すべき点でしょう。加盟店はウォレットを持つことなく、気軽に店頭でビットコインによる支払いを受けられるようになります。

ただVerifoneと契約して決済サービスを導入するだけで良いのです。

Bitpayではビットコインだけでなくビットコインキャッシュ、イーサリアム、ドージコイン、ライト金、ラップビットコインにも対応しています。GUSD、USDC、DAI、BUSD、PAXにも対応していて、だんだんと対応通貨数も増えてきています。その全てを支払いに使用できるシステムを導入するのがVerifoneの計画です。

VISAでも他社との提携によってクレジットカードやデビットカードでビットコインなどを使えるサービスを整えてきました。このような決済のあり方の変化を受けて、店舗側がビットコイン決済に対応する形を整えるためのソリューションを提供するのがVerifoneの目指しているところです。

ビットコイン決済が店頭でできるようになるとどうなるのか

VerifoneとBitpayの提携によって多くの店舗でビットコイン決済ができるようになるとどのような変化が生まれるのでしょうか。

消費経済を揺るがし、ハイローオーストラリアの魅力を変える可能性があるのかを順を追って見ていきましょう。

ビットコインを持つ魅力が上がる

ビットコインを持つ魅力が上がる

店頭でもビットコインの支払いに対応すると、日常的な買い物にビットコインを使えるようになります。電子マネーを持っている人が増えていますが、導入当初よりも利用が進んでいるのは決済に対応する店舗が増えた影響が大きいのは明らかでしょう

Suicaなどの交通系電子マネーの利用が進んだのは駅ナカのコンビニや飲食店で利用できるようになったのが大きかったことが知られています。消費経済のあり方が変わり、交通系電子マネーによる決済を導入していないと売り上げが伸びにくくなる状況が生まれたのです。

同じようにしてビットコイン決済についても消費経済の変化をもたらす可能性があります。Verifoneの決済サービスを導入した店舗での売り上げが伸びていくと、他社でも店頭でビットコインによる支払いを受け付けることを検討しなければならなくなるからです。

クレジットカードや電子マネー、QRコードによる決済の導入が競い合うようにして進んだように、ビットコイン決済の導入が促進されると考えられるでしょう。すると、さらにビットコインを持つ魅力が上がると想定できます。

ビットコインの売買が消費者によって進められるようになる

ビットコインの売買が消費者によって進められるようになる

ビットコインの売買は投資家によって行われているのが現状です。しかし、店頭での日常的な買い物でビットコインを使えるようになると、消費者がビットコインの売買に参画するようになります。

こんなオレ

少しお得なときにビットコインを買って支払いに使えば、家計を抑えられるという考え方を持つようになるからです。

クレジットカードや電子マネーでの支払いによるポイント還元を重視してコツコツと節約をしようという人が増えています。ビットコインの売買をして節約しようという動きが生まれるのももっともなことでしょう

投資に積極的な消費者はまだ一部だけという国が多く、アメリカやヨーロッパなどの先進国で投資が活発なだけです。中国などのアジア圏でも富裕層は投資に励んでいますが、照射全体から見れば一部に過ぎません。

一般消費者が家計の節約のためにビットコインの売買をするようになると、相場が変動したときに少額の売買が活発に起こるようになります。

ビットコインが安くなったから少し買っておこう、買ったビットコインが上がっているから少し売ってしまおうという動きが生まれるからです。このような動向がビットコインの相場に変化をもたらし、ハイローオーストラリアの魅力も変えていきます。

ビットコインの相場が安定して取引しやすくなる

ビットコインの相場が安定して取引しやすくなる

ビットコインを消費者が売買するようになると相場が安定しやすくなります。投資家ばかりがビットコインの売買をしている場合には、相場が十分に上がった売ろう、下がったら買おうという動きが強くなりがちです。取引金額も大きめなので、相場の動きは急激になる傾向があります。しかし、一般消費者が日常の支払いの節約を目的としてビットコインの売買する場合には少額での取引が中心になります。

こんなオレ

少し安くなったから買おう、高くなってきたから売ろうという動きも起こりやすいので、相場の急変を抑える役割を果たしてくれます。

ハイローオーストラリアでは急変が起こると想定していたような値動きにならずに取引が失敗しがちです。急変が起こると予測できれば、ハイローオーストラリアではスプレッド取引によって高いペイアウト率での取引ができます。しかし、ちょっとしたきっかけで急変が起こることは少なくありません。

そのときに変化を押さえ、安定させる力が働くようになると取引リスクが低下します。

つまり、VerifoneとBitpayの提携はハイローオーストラリアの取引のリスクを減らすことにつながります。相場の動きが安定してわかりやすくなると想定されるため、初心者でも気軽に取引できるようになるでしょう。

[official]

ビットコイン決済が店頭でできるようになった後の注意点

ビットコイン決済が店頭でできるようになった後の注意点

ハイローオーストラリアではビットコイン決済が店頭でもできるようになると取引しやすくなり、稼げるチャンスが広がると期待できます。しかし、ビットコイン決済が店頭で導入されてしばらくすると、消費者が投資家になる可能性があるので注意しましょう

こんなオレ

長期的に見ると消費者が現在の投資家と同じようにビットコインを売買するようになる可能性があるのです...

ただ、それでもハイローオーストラリアでは取引に有利な状況が続きます。投資家はチャート分析をして売買のタイミングを見極め、利益を最大化しようとするのが一般的です。大勢の投資家が同じように分析をして取引をするようになると、ビットコイン相場は分析に基づいて予測される動き方をします。

多くの人が同じタイミングで売買をするので、明確な値動きが想定されたタイミングで起こりやすくなるのです。

そのため、消費者が投資家になった後は相場の動向には違いが生じるものの、やはり安定した値動きを起こすようになります。消費者が投資家に変わったとしてもやはりハイローオーストラリアでは稼ぎやすいことに変わりはありません。変化が起こる可能性がある点に注意は必要だと認識し、そのタイミングを見計らうことが大切です

まとめ

ビットコイン決済サービスが広く店頭でも取り入れられる可能性が高くなり、ハイローオーストラリアの魅力も大きく変わると期待できるようになりました。VerifoneとBitpayの提携は消費経済を変化させ、ビットコインを消費者も売買する時代を生み出すと考えられます。

結果として相場が安定するようになり、ハイローオーストラリアのビットコイン取引がしやすくなるでしょう。

Verifoneでは2021年の下半期にはビットコインなどの仮想通貨による決済サービスを導入する計画です。既に提携している企業の店舗では直ちにビットコイン決済ができるようになると考えられます。

今からでも遅くはないので、ハイローオーストラリアでバイナリーオプション取引に慣れていきましょう。そして、ビットコイン決済が導入されて相場が安定したら、ビットコイン取引を積極的に使っていくのがおすすめです。初心者にとっても大きなチャンスなので、このタイミングでハイローオーストラリアの口座開設をして取引を開始しましょう

ハイローオーストラリア(Highlow.com)口座開設方法
【スマホ対応】ハイローオーストラリアのスムーズな口座開設方法を解説ハイローオーストラリアは口座開設がスマホでもわずか5分で完了するようになりました。新規口座開設をすると5000円のキャッシュバックが受け取れます。ハイローオーストラリアは概してユーザーを大切にするサービスで日本人にもっとも人気があります。...
ハイローオーストラリア公式

[official]

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。