ハイローオーストラリア

ビットコインが宗教で禁止!?インドネシアでのハラーム宣言を受けてハイローオーストラリア(Highlow.com)を利用しよう

日本では宗教の自由が認められていて、世界的にも自分が好む宗教を信仰することが認められている国が多くなっています。宗教や信仰は人の生き方にもつながる重要なもので、投資のあり方にも大きな影響があります。

ハイローオーストラリア(Highlow.com)はどの宗教を信仰していても、無宗教でも利用できます。分け隔てなく日本に在住している18歳以上の人なら利用できるのがハイローオーストラリアです。

ただ、近年大きな注目を浴びているビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)は宗教によって使えない可能性が出てきました。インドネシアの宗教団体NahdlatulUlama(ナフダトゥル・ウラマー)による禁止の宣言がニュースになって話題になっています

この記事ではNahdlatulUlamaによるハラーム宣言について簡単に解説します。

そして、ハイローオーストラリアの利用を考えた方が良いと言えるポイントを挙げていくので、今後の投資について深く考えてみましょう。

[official]

インドネシアのイスラム宗教団体NahdlatulUlamaでのハラーム宣言

仮想通貨(暗号資産)についてどのように取り扱っていくかは世界各国で議論の的になっています。規制当局によってルール作りが進められていて、CFTCやIMFでも規制の必要性を発表しています。

ただ、ビットコインのような仮想通貨について議論しているのは国だけではありません。宗教団体でも仮想通貨の取り扱いについての議論が進められてきました。

その中でもニュースで大きな話題になったのがNahdlatulUlamaによるハラーム宣言です。

ハラームとは

ハラームとは

ハラームとはイスラム教における宗教上の禁止事項のことです。イスラム教は厳格な宗教で、信者は厳しい規律を守らなければなりません。

例えば、イスラム教ではきちんとした神聖な祈りを捧げなければ豚肉や鶏肉を食べてはならないというルールがあります。イスラム教の中でもルール違いがあり、牛肉や魚は食べられることもありますが、肉は全て食べられないこともあります。

他にもお酒を飲んではならないハラームもあるなど、イスラム教の戒律に基づいた禁止事項は決して少なくありません。食生活だけでなく、日常のあり方についても厳しい戒律が定められています。

ビットコインなどの仮想通貨はハラームになった

ビットコインなどの仮想通貨はハラームになった

NahdlatulUlamaはインドネシアにおける最大級のイスラム宗教団体です。NahdlatulUlamaはビットコインなどの仮想通貨をイスラムの法律上でどのように取り扱うかを詳細に議論してきました。

その結果として、仮想通貨はハラームに該当すると宣言しています。

ビットコインはインドネシアでも注目されていて一般市民の利用も増えてきています。インドネシアはイスラム教徒が多い国で、イスラム教徒のハラームとなると大きな影響があります。

ただ、NahdlatulUlamaはインドネシアの地方宗教団体の一つであって、イスラム教全体に影響を及ぼせるとは限りません。

大きな団体なので影響力はあるのは確かですが、他の団体でもビットコインなどの仮想通貨を宗教上どのように取り扱うかを議論しなければならない状況を生み出した程度です。また、NahdlatulUlamaはハラームについての宣言をファトワとして出しました。

ファトワとは

イスラム教における宗教令のことで、イスラム教の法律家からの法的意見です。あくまで専門的な意見であって法的な拘束力は持っていません。

つまり、NahdlatulUlamaによって完全にビットコインが禁止されたわけではなく、あくまで仮想通貨はハラームに該当することを知らしめただけです

宗教によるビットコイン禁止は初ではない

宗教によるビットコイン禁止は初ではない

宗教によるビットコイン禁止はNahdlatulUlamaによる宣言が初めてではありません。ロシアのイングーシで既に仮想通貨の取引を禁止することが通達されていました。イングーシで話題になったのもイスラム教で、国内のイスラム教徒は仮想通貨の購入も販売も禁止されています。

イスラム教ではデジタル通貨について消極的で、電子マネーも宗教上は認められないという見解が一般的になっています。イングーシではビットコインなどの暗号資産がお金でも商品でもないと指摘して禁止の方向性を示していました。

こんなオレ

法的に認められた支払い方法となればお金として仮想通貨を取り扱うことができるともコメントしています。

NahdlatulUlamaはインドネシアでも大きな宗教団体なのでニュースでも大きく取り上げられています。その波及効果がある可能性は否めないでしょう。

インドネシアでは仮想通貨の禁止はしない方針

インドネシアでは仮想通貨の禁止はしない方針

NahdlatulUlamaはビットコインをハラームとして禁止することを宣言しました。しかし、インドネシアでは仮想通貨の禁止をするつもりはないことを発表しています。

中国における仮想通貨の全面禁止を受けて、ジャカルタの貿易大臣が中国のような取り締まりをする計画はないとコメントしました。

インドネシアにはイスラム教徒が多いのは確かですが、全国民がイスラム教徒というわけではありません。国としては仮想通貨の厳しい規制をすることなく売買が可能な体制を続けることが示されています

NahdlatulUlamaの決定はイスラム全体に広がるかは不透明

NahdlatulUlamaの決定はイスラム全体に広がるかは不透明

NahdlatulUlamaの決定にはイスラム全体に影響力があるのは確かです。
ただ、仮想通貨の重要性や人気が高まる中、他のイスラム宗教団体でもNahdlatulUlamaと同じ見解を示すかはわかりません

また、NahdlatulUlamaの影響を受けて他の宗教でもビットコインを禁止するかどうかも不透明です。仮想通貨は合法化できないというだけでなく、詐欺行為をするためのツールとして用いられてしまうリスクについても指摘されています。

こんなオレ

その点を考慮して宗教全体として禁止に踏み切るケースもあるかもしれません...

NahdlatulUlamaのハラーム宣言のインパクト

NahdlatulUlamaの出した宣言は実は大きなインパクトがあります。

ハラーム宣言がどのようなインパクトを生み出したのかを確認しておきましょう。

イスラム教徒は世界中にいる

イスラム教徒は世界中にいる

インドネシアの大きな宗教団体がハラーム宣言を出したことで、世界中のイスラム系の団体が仮想通貨について議論をせざるを得なくなりました。
そのくらいNahdlatulUlamaは勢力がある宗教団体で、ニュースにもなったことで世界的に事実が知られるようになっています。

イスラム教徒はアジア圏に多い宗教の一つですが、世界的にイスラム教は広まっています。どの団体に所属しているかは個々に異なるものの、所属している団体の戒律は厳しく守らなければなりません。

こんなオレ

ファトワとして出されただけなら無視することも可能ですが、敬虔なイスラム教徒なら厳格に守るでしょう。

NahdlatulUlamaのハラーム宣言を受けて、自分が所属している団体が何もコメントしていなかったとしても仮想通貨から手を引く人も出てくるでしょう。世界中にイスラム教徒はいるので、どの国でもビットコインなどの取引をする人が減る可能性があります。

宗教によって仮想通貨を使えなくなる可能性がある

宗教によって仮想通貨を使えなくなる可能性がある

イスラム教の法律では仮想通貨が合法とは言えないという見解が出され、宗教による仮想通貨規制が起こる可能性があることも明らかになりました。イスラム教のように厳しい規律を持つ宗教はあまり多くありません。

キリスト教や仏教で禁止になることはまずありませんが、厳しい戒律を持つ宗教ではビットコインなどの仮想通貨を使えなくなる可能性があります
ビットコインは何度も高騰を起こして投資対象としても人気が高まり、さらに決済手段としても広まってきました。

その勢いを止める要因ともなり得るのがNahdlatulUlamaのハラーム宣言です。

イスラム教だけでも世界的に教徒が多いので影響力があります。さらに小規模な宗教でも禁止が進められるとビットコインや仮想通貨の取引に影響が生まれる可能性があるのは確かです。先進国ではイスラム教が中心になっていないため、急速に仮想通貨の全面禁止が進められることはないでしょう。

しかし、宗教との関連は仮想通貨禁止の方向に進む引き金になるリスクは考慮しておく必要があります。

ハイローオーストラリアの利用を考えよう

宗教は人の生き方に大きな影響があります。イスラム教が仮想通貨を全面禁止するようなことがあれば、仮想通貨市場を揺るがすことは否めません。

そのインパクトによって投資の不安を抱かずに済むようにするには、ハイローオーストラリアの利用がおすすめです。

ビットコインは使えなくなるリスクがある

ビットコインは使えなくなるリスクがある

ビットコインの投資は稼げる期待が大きいことからよく着目されています。しかし、ビットコインが宗教によって禁止されると、市場規模が小さくなるでしょう。急騰していたビットコインの相場が下がり、大きな損失を生むリスクがあります。さらに自分が進行している宗教によってはビットコインが使えなくなるリスクがあります。

特にイスラム教の場合にはリスクが高いので気を付けなければなりません。

ハイローオーストラリアは宗教による影響尾受けることがないので安心です。バイナリーオプション取引を禁止している宗教も今のところはありません。安心して投資を続けていける点でハイローオーストラリアは優れています。

無宗教の人でも規制が問題になり得る

無宗教の人でも規制が問題になり得る

無宗教の人は宗教による仮想通貨規制を受けることがないから安心だと考えがちです。しかし、宗教によらず規制を受ける可能性は今後もあり得ます。仮想通貨の取引に関して国際的なルールを設けることが重要という指摘も多いので、今後の規制によっては自由にビットコインの取引ができなくなる可能性もあります

宗教による規制の宣言を受けて、国が仮想通貨の位置付けを再考する可能性もあります。ハラームのように重要な宣言があると、その宗教の教徒が多い国ではどのような姿勢を取るかを慎重に考えなければなりません。国民からの支持を得るために政府与党が禁止や規制の方向性を打ち出すこともあり得ます。

しかし、ハイローオーストラリアは宗教との関連性がないので安心です。

ビットコインの取引ができなくなったとしても、ハイローオーストラリアで取引を続けることはできます。今後の仮想通貨規制を気に留める必要もなく、安定してバイナリーオプション投資を進められるのがハイローオーストラリアのメリットです

[official]

まとめ

インドネシアでも大きなイスラム教団体のNahdlatulUlamaが仮想通貨がハラームに該当することを宣言したのは大きなインパクトがあります。今後、宗教と仮想通貨の関係も考慮していくことがビットコインの取引をする上で重要になりました。

宗教によってはビットコインの取引ができなくなるリスクすらあるので注意が必要です。

ハイローオーストラリアではビットコインなどの仮想通貨を持たずに投資ができるので安心です。ビットコインに興味がある人もビットコイン相場を使ってバイナリーオプション投資ができます。

宗教との兼ね合いは政治を動かすこともあるので、仮想通貨規制については先行きがわかりません。安心して投資できるハイローオーストラリアを利用していきましょう。

ハイローオーストラリア公式

[official]

ABOUT ME
アバター
こんなオレ
ごくごく一般的なサラリーマン。やる気がなさすぎて一時期ニートになる始末。それでも一応就職し、ハイローオーストラリアと出会う。コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに成功。目指すは早期退職し、お金に困らないニートになる。このサイトでは自分が培ったバイナリーオプション情報をお届けします。参考になれば幸いです。